性病の悩み

トリコモナスは自然治癒しないの?男女別の症状&治療方法まとめ

投稿日:

「オリモノが生臭い」「陰部が異常に痒い」などの症状で悩んでいませんか?

上記の異常に心当たりがある人は、トリコモナスを発症している可能性があります。

もしトリコモナスに感染していた場合、自然に治るのか気になる人もいると思います。

この記事では、トリコモナスを治す方法と、男女別の症状について紹介します。

トリコモナスは自然治癒を期待しちゃダメ!放置すると大変なことに…


トリコモナスは、残念ながら自然治癒が期待できない性感染症になります。

「検査に行くのはお金がかかるし、何もなかったらもったいない」と放置するのは大変危険です。

トリコモナスを放置すると、どのような危険があるのかまとめました。

不妊や早産、流産の原因に

トリコモナスはクラミジアと同様に、不妊や早産、流産のリスクを上げてしまう恐ろしい病気です。

トリコモナスによって膣や子宮に炎症が起きると、卵子と精子の受精を妨げてしまい、不妊症の原因になってしまいます。

また、トリコモナスを妊娠中に放置してしまった場合、赤ちゃんを包んでいる膜が炎症して絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)という状態になり、早産流産を起こしやすくなります。

HIV(エイズ)に感染するリスクが上がる

トリコモナスにかかると膣内、膣外に傷ができ、HIVに感染するリスクが数倍から数十倍に高まると言われています。

HIV感染の研究において第一人者である川村龍吉氏も、トリコモナスを含める性感染症とHIVの関係について次のように考察しています。

梅毒,淋菌,クラミジア,トリコモナスなどの STD 病原体は TLR2 を介して粘膜内LC のHIV感染を増加させることにより,宿主の HIV 感染を促進していると考えられている.
梅毒,軟性下疳,性器ヘルペス等のみならず,非潰瘍性STDの淋菌感染症,性器クラミジア感染症,トリコモナス症のいずれによっても HIV 感染リスクの増加が確認されている

引用元: 日本ウイルス学会シンポジウム

 

分かりやすく言うと、トリコモナスなどの性感染症がHIVの感染リスクを高めることが、研究によって分かっているということです。

トリコモナス自体は完治できる病気ですが、HIVに感染してエイズを発症してしまうと、治療が難しくなってしまいます。

重大な疾患やHIVにかかるリスクを高めてしまう前に、気になる症状がないかチェックしましょう。

トリコモナスの症状をチェック!女性の場合は?

女性がトリコモナスに感染すると、膣内や膣外、オリモノなどに様々な影響を及ぼします。

一方で、男性は症状がほとんどないことも多く、気づかない間に性交渉をおこなってしまうため、女性に移して初めて感染が分かることが多いです。

トリコモナスに感染すると女性と男性それぞれに、どのような症状が起こるのかまとめました。

女性の症状

女性がトリコモナスに感染すると、次のような症状が現れます。

  • イカ臭い、魚臭いなどの悪臭のあるオリモノ
  • オリモノの色が黄色や黄緑色で泡状
  • 外陰部の痒み、痛み、ただれ
  • 排尿時の痛みや違和感がある
  • 性交痛
  • 下腹部の痛み

女性の場合、強い悪臭のオリモノが出るため、異常があると自覚しやすい病気です。

特にオリモノが泡状になるのは、トリコモナスの特徴的な症状になります。

外陰部がただれ、痒み痛みが起こる場合もあり、放っておくと排尿困難になるほど痛みが広がってしまうこともあるので注意が必要です。

感染すると症状が現れやすいトリコモナスですが、まれに自覚症状のない女性もいます。

発見が遅れると子宮の奥や卵管にまで炎症が到達し、不妊や流産、早産のリスクが高くなるため危険です。

妊娠を望む女性は定期的な性病検査をすることが望ましいです。

こまめに性病チェックをしたい人は、通販で購入できる性病検査キットを利用するのがオススメ。

気軽に検査ができるうえ、時間と費用の負担が軽減できるので便利です。

男性の症状

男性がトリコモナスに感染すると、以下のような症状が現れます。

  • 尿道のかゆみ、違和感
  • 少量の分泌物

男性の場合、女性に比べてほとんど症状がないのが特徴です。

そのため、感染していると知らないまま女性に移してしまうことも多く、感染を広めてしまう原因になります。

男性は検査をしてもトリコモナスを発見するのが困難なため、女性にトリコモナスが見つかった場合は、パートナーである男性も治療をすることが必要になります。

トリコモナスになる原因は?性行為以外の感染経路

トリコモナスは、性交渉によって感染することがほとんどです。

しかし稀に、性体験のない幼児や、しばらく性交渉をしていない女性が発症することがあります。

性交渉以外で感染する原因は、以下の通りです。

  • トイレの便座、ウォシュレット
  • 温泉やプール
  • タオルの使い回し

上記の原因で感染することは稀ですが、実際に性体験のない幼児から原虫が検出された例もあり、トリコモナスは性交渉以外でも感染するとされています。

もし自分がトリコモナスに感染している疑いがあるなら、公衆浴場などの利用は避け、タオルは家族と分けておくなどの配慮が必要です。

トリコモナスはどんな治療をするの?市販薬でも治る?


トリコモナスは症状が強いだけに、治療も大変なのではないかと不安になると思います。

しかし実際は、エイズや性器ヘルペスと違って完治が難しい病気ではありません。

実際にトリコモナスに感染してしまったら、どのような治療するのか確認しておきましょう。

抗原虫薬を使った治療で90%以上の人が完治

トリコモナスは、抗原虫薬を用いて体内のトリコモナス原虫を殺虫する方法で治療します。

内服薬または膣錠、状態によっては両方を使って治療するのですが、一度の治療で90%以上の人が完治します。

まれに原虫が殺虫しきれていないと再増殖することがありますので、治療期間を終えたあとの月経後に再度検査をし、完治したと診断されるまで治療を続けましょう。

内服薬は、ハイシジンまたはフラジールのどちらかが用いられるのが一般的です。

チニダゾール(ハイシジン)

チニダゾールを使用する場合は、適応量である2,000mgを1度服用するだけでトリコモナスの殺虫ができます。

1度の服用で効果が持続するので、飲み忘れによる原虫の再増殖を防ぐことができます。

フラジール(メトロダニゾール)

フラジール錠250mgを1日2錠、10日間服用します。

フラジールで治療する際は、飲み忘れに注意が必要になります。

薬を飲み忘れることで、1度弱った原虫に耐性が出来てしまい、治りづらくなる危険があるからです。

自己判断で服用を止めると、再増殖の原因になるので気をつけましょう。

抗原虫薬はドラックストアなどで市販されていません

トリコモナスを治療するハイシジンやフラジールは、医師の処方箋なしに薬局で購入することができません。

病院で診てもらうのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、放っておくほど症状は悪化してしまいます。

治療をおこなえばすぐに治る病気なのですから、後悔しないためにも、気になる症状があれば医師の診断のもと治療をしましょう。

感染率が高いトリコモナス!予防する方法はないの?


トリコモナスの感染が発覚した際の、パートナーの感染率は70~80%にもなると言われています。

クラミジアなどと違って、体外に出た後も生き続けることができるため、トリコモナスは感染力の強い感染症と言えます。

症状が激しく、他の疾患にかかるリスクを高めてしまうトリコモナスは、なるべく感染を防ぎたいところです。

横浜市衛生研究所では、トリコモナスの感染や感染拡大の予防方法について、以下のように説明しています。

性交渉時にはいつも、コンドームを最初から最後まで正しく使いましょう。
感染している可能性があれば、性交渉を控え、医療機関を受診しましょう。受診して膣トリコモナス感染症あるいは他の性感染症に感染していることが分かった場合には、今までの性交渉の相手に告げて医療機関の受診を勧めましょう。

引用元: 横浜市衛生研究所

 

上記の内容から、感染や感染拡大の予防方法を簡単にまとめました。

  1. 性交時はコンドームを使用する
  2. 感染の可能性があれば性交渉をしない
  3. 感染が分かったらパートナーにも病院を勧める

トリコモナスの疑いがある場合は性交渉を控えるとともに、家族とのタオルの共有を控えるなど、性交渉以外の感染経路にも注意しましょう。

また、自分にトリコモナスの感染が確認されたのであれば、高確率でパートナーも感染しています。

言いづらいからといって自分だけ治療しても再度パートナーから移ってしまい、何度もピンポン感染してしまいます。

薬剤を繰り返し使用して耐性菌ができてしまい、治りづらくなってしまうこともあります。

トリコモナスの感染が分かったらパートナーと同時治療をし、お互いの完治が確認されるまではセックスを控えることが大切です。

-性病の悩み

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.