臭いの悩み

すそわきがの手術はいくらかかる?効果が高いのは?費用相場の比較サイト

投稿日:

すそわきがで悩んでいる人の中には、「病院で手術して治したい」という人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に手術することを考えると、様々な不安や問題に直面すると思います。

  • なんだか痛そうで怖い
  • 傷跡が残らないか心配
  • 高いお金を払って効果がなかったらどうしよう

すそわきがを病院で治すといっても治療方法は様々あり、費用にも大きな差があります。

すそわきがの治療で一番安くて効果があるのは、どの方法なのでしょうか。

この記事では、すそわきがの治療法や費用について徹底的に解説していきます。

すそわきがは手術で治すのにいくらかかる?


すそわきがの手術は安くても5万円程度、手術の種類によっては50万円ほどかかることもあります。

さらに、1回で治療が完了しない場合も多く、「総額100万以上かかった」という人も実際にいます。

手術費用は全額自己負担

すそわきがの治療は保険が適応されないため、費用が高額になります。

保険が適応されやすいワキガ治療と違って、すそわきが治療は美容目的と判断されてしまうことがほとんどです。

日常生活に支障をきたすと認めらた場合には、保険が適応される場合もありますが、切開手術しか選択できないのが難点になります。

傷跡が残らない手術はの費用は、全額自己負担になるということを肝に命じておきましょう。

すそわきがの治療費は種類によって違う

すそわきがを治すのにかかる費用は、どの治療方法を選択するかで大きく違ってきます。

手術名 費用
ビューホット 30万円〜40万円
ボトックス注射 5万円~15万円
ウルセラドライ 35万円
ペアドライ 30万円〜40万円
ミラドライ 25万円〜35万円
シェービング法 20万円
根こそぎベイザーシェービング 43万円
電気凝固法 20万円〜40万円
皮下組織削除法 30万円〜40万円
超音波メス 40万円

治療方法が沢山あるというのは良い点でもありますが、これだけ種類があると結局どれがいいのか迷ってしまうと思います。

そこで今回は、上記の治療方法の「効果と値段」「手術後の傷跡の有無」についてまとめました。

すそわきがの治療で一番安くて効果が高いのは?


すそわきがの治療方法の中で、最もコスパがいいのは「ビューホット」になります。

一度の治療で高い効果が得られることや、傷が残らないことがビューホットの大きなメリットです。

すそわきがは、臭いの原因となる「アポクリン腺」と、汗の原因「エクリン腺」の働きを弱めることで改善できます。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺のどちらも破壊できるビューホットは、再発する可能性が極めて低い治療法になります。

ビューホット

ビューホットは、すそわきが治療の中で最も注目を集めている方法です。

費用 300,000円〜400,000円
効果 1回の治療で95%以上が改善
傷跡 残らない

全国22カ所に美容外科を構える中央クリニックグループでも、ビューホットによるすそわきがの治療が推奨されています。

日本人150名以上で検証されたビューホットの臨床試験で、95%の方が改善されたという高い評価をいただいている画期的な方法です。
切らないワキガ・多汗症治療の中で「再発の可能性が極めて低い治療法」として一躍有名になっています。

引用元: 金沢中央クリニック

 

つまり、ビューホットは実際の臨床試験でも、高い評価を受けている効果的な治療方法ということです。

高周波を照射するだけなので、傷跡が残る心配もありません。

ビューホットは、「傷を残したくない」「1回で治したい」という人にはおすすめの治療方法だといえます。

ボトックス注射

ボトックス注射は、すそわきが治療の中でも最も安価な治療方法です。

費用 50,000~150,000円
効果 効果が続くのは3〜6ヶ月
傷跡 注射跡が1週間ほど残る

ボトックス注射は、エクリン汗腺の働きを抑えるボトックス液を陰部に注射して、ニオイの発生を防ぐ治療法です。

1回の治療費が他の方法と比べて安いボトックス注射ですが、効果が3ヶ月〜半年しか続かないことがデメリットになります。

また、わきがの原因のアポクリン汗腺には作用しないため、重度のすそわきがには効果が期待できません。

とはいえ、値段が安くて即効性があるボトックス注射。

「再来週のデートまでに臭いを無くしたい」という緊急の人には、おすすめの治療方法です。

ウルセラドライ

ウルセラドライは、高密度の超音波をアポクリン腺とエクリン腺に集中照射するため、すそわきがに高い効果を発揮します。

費用 350,000円
効果 高い
傷跡 傷跡は残らないが、ヒリヒリした感じが数日続く

局所麻酔の注射時は少し痛みがありますが、手術中の痛みはありません。

超音波を照射するので傷跡が残らず、日常生活に支障がでないことがメリットです。

効果の高い治療方法になりますが、「川崎中央クリニック」 「中央クリニック千葉院」「中央クリニック札幌院」でしか受けることができないことがデメリットになります。

ペアドライ

ペアドライは、ビューホットとウルセラドライを組み合わせた治療方法です。

費用 300,000円〜400,000円
効果 非常に高く持続性がある
傷跡 傷跡は残らないが、肌の腫れや赤みが数日残る

超音波と高周波を使って、すそわきがの原因になる汗腺を徹底的に破壊します。

効果に持続性がある治療方法になりますが、費用が高いことがネックになります。

また、ウルセラドライが川崎中央クリニックの登録商法のため、治療できる医院が限られているのもデメリットの一つ。

とはいえ、1回の治療で効果があると話題なので、遠方から受けに来る人も多いようです。

お金はかかってもいいから、傷を残さず1回で治したいという人にはオススメの方法になります。

ミラドライ

ミラドライは、電磁波を使ってすそわきがの原因であるアポクリン汗腺を破壊します。

費用 250,000円〜350,000円
効果 1回の治療で約70%が改善
傷跡 残らない

マイクロウエーブという電磁波を、肌の上から機械で照射する治療法のため、切開せずにすそわきがを改善することができます。

体への負担が比較的軽いため、思春期の女性にもオススメの治療方法です。

シェービング法

シェービング法は、比較的安くすそわきがの症状を抑えることができる治療方法です。

費用 200,000円
効果 軽度のすそわきがには効果あり
傷跡 1cmほどの傷跡が残る(ダウンタイムが1週間必要)

皮膚を1cmほど切開し、シェービング機や吸引機でアポクリン腺を吸引します。

費用が安いことが大きなメリットですが、1週間は運動や入浴が制限されるため、施術のタイミングを見計らう必要があります。

また、小さいとはいえ傷跡が残ってしまうのも、デメリットになります。

「多少傷が残ってもいいから安く済ませたい」という軽度のすそわきがの人には、向いている治療方法になります。

根こそぎベイザーシェービング法

根こそぎベイザーシェービング法は、シェービング法をさらにパワーアップさせた治療法です。

費用 430,000円
効果 大きく切開せずに根本的な治療ができる
傷跡 1cmほどの傷跡が残る(ダウンタイムが1週間必要)

すそわきがの原因となるアポクリン汗腺を、ベイザー波という超音波でドロドロに焼いて取り除きます。

根本的な原因を排除するため、ニオイの除去率は80%と高く、半永久的にすそわきがを治せます。

電気凝固法

電気凝固法は、毛穴に針を刺して電気を流し、アポクリン汗腺を固める治療方法です。

費用 200,000円〜400,000円
効果 高い
傷跡 手術直後は刺し傷が残る

昔からあるワキガの治療方法なので、安全性が確認されています。

デメリットとしては、一度で治療が終わらないことが挙げられます。

アポクリン汗腺をひとつひとつ固めるため、デリケートゾーン全体を治療するのに3〜6回の通院が必要になります。

皮下組織削除法(切開手術)

皮下組織削除法は、アポクリン腺を直接除去する切開手術になります。

費用 300,000円〜400,000円
効果 90%以上
傷跡 数センチの傷跡が残る(1週間のダウンタイムが必要)

アポクリン腺を直接除去するため、すそわきがの治療法の中では最も効果的な方法です。

しかし、数センチの傷跡が残り、1週間のダウンタイムが必要など、様々なデメリットもあります。

皮下組織削除法で手術をするのであれば、傷跡やダウンタイムのことをよく考える必要があります。

超音波メス(切開手術)

肌を数箇所5mmほど切開し、超音波メスを使ってアポクリン汗腺を除去します。

費用 400,000円
効果 高い
傷跡 半年〜1年傷跡が残り、徐々に目立たなくなる

複数箇所にメスを入れるため、抗生剤ローションやステロイドクリームなどで一定期間ケアをし続けなければならないのが難点です。

手術後しばらくは火傷のような状態になるので、跡が気になる人にはおすすめできません。

病院ですそわきがを治療するメリット&デメリット


病院で受けることができる手術の、メリットやデメリットをまとめました。

メリット

  • 高い効果が期待できる
  • 効果に持続性がある

病院で手術を受ける最大のメリットは、効果が高くて持続性があることです。

黄色いシミが出るほど重度のすそわきがでも、病院で手術をおこなえば高い確率で治すことができます。

手術方法によっては、半永久的にすそわきがの悩みから解放されます。

すそわきがで深く悩んでいる人にとって、これほどまでに嬉しいことはありません。

費用はかかりますが、性交渉のときに臭いが気になって自信を持てなかったり、周りの視線を気にしたりすることから解放されると思えば、高くはない出費といえるでしょう。

デメリット

  • 傷跡などの後遺症がある
  • 再発することもある
  • 手術後臭

すそわきがを手術によって治療することには、「あそこの臭いを消せる」という大きなメリットがありますが、やはりデメリットは値段の高さになります。

いくら効果が高いとはいえ、5〜50万円という大金をポンと出すのは難しいのではないでしょうか。

切開による傷跡や腫れなどの後遺症も、新たなコンプレックスになりかねません。

また、実際に手術を受けた人のなかには、ワキガ臭とは違ったニオイを放つ「手術後臭」に悩まされているという人もいます。

「どうしても手術を受けたい」と病院の治療を選ぶ際には、デメリットがあることもよく考えておきましょう。

手術以外ですそわきがの臭いを改善する方法はない?


すそわきがは軽度であれば、すそわきが対策グッズやVIO脱毛で改善できます。

黄色い分泌物がでる重度のすそわきがの場合は手術をおすすめしますが、軽度であれば手術する必要はありません。

もともと日本人に、ワキガ体質の人は多くありません。

「すそわきがで悩んでいる」と病院に訪れる多くの人は、問題ないのに気にしすぎているか、軽度な人がほとんどです。

もしもあなたが、「すそわきがかもしれない」と悩んでいるのであれば、手術を考える前に以下の方法を試してみると良いかもしれません。

  • 食事療法
  • すそわきが対策グッズ

食事療法

普段、お肉やジャンクフードばかり食べている人は、食生活を改善することでワキガ臭を軽減できる可能性があります。

お肉や乳製品などの動物性の食べ物や、ニンニク・キムチなど臭いの強い食べ物は、すそわきがのニオイを強めてしまいます。

デートの前日は肉などは控えたり、臭いを消してくれる緑茶やお酢を一緒に摂取するなど、食事で体臭をコントロールしましょう。

3,198pv
デリケートゾーンは食べ物が原因でも臭うの?食事を変えて体質改善!

デリケートゾーンが臭うと、病気やすそわきがを疑ってしまうと思います。 でも実は、食べ物が原因で悪臭がでてしまうことがあるのです。 食べ物と体のニオイには、大きな関係があります。 この記事では、食べ物に ...

続きを見る

すそわきが対策グッズ

すそわきがを対策するグッズは、ネットで検索すると沢山見つけることができます。

消臭効果が持続するデオドラントクリームや、殺菌作用のあるデリケートゾーン専用石鹸など、どれも日常に取り入れやすいアイテムばかりです。

手術と違ってダウンタイムが一切ないため、自分のライフスタイルを崩すことなくすそわきがの臭いを改善することができます。

以下の記事で、すそわきがの対策グッズについてまとめているので、種類や値段などが気になる人はチェックしてみてください。

2,487pv
すそわきがを対策したい人必見〜私が自宅でやった簡単にスソガをケアする方法〜 

自分がすそわきがだと気がついて、ショックを受けている人もいるのではないでしょうか。 お金をかけずにスソワキガを治したい 即効性があって完全にニオイが無くなる方法ってなに? 手術しないと絶対に治らない? ...

続きを見る

-臭いの悩み

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.