お手入れグッズ

おりものシートがトラブルの原因?正しい使い方をしないと危険な理由

更新日:

「オリモノがパンツに染みつくのが嫌」という理由で、普段からおりものシートを使っている人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの臭いや痒みは、おりものシートが原因かもしれません。

おりものシートは、不快なオリモノを吸収してくれるというメリットがある一方で、使い方を間違えるとデリケートゾーンに異常をきたしてしまうこともあります。

この記事では、おりものシートであそこが臭くなってしまう原因と、正しい使い方を紹介します。

おりものシートの使い方を間違えると危険な理由


「おりものシートを使っているから清潔」と思っている人もいるかもしれませんが、実はおりものシートが原因であそこにトラブルが起きる場合があります。

デリーケートゾーンの蒸れやかゆみ・臭いの原因に

おりものシートの使い方を間違えると、以下のようなトラブルを引き起こします。

  • 炎症による痒み、かぶれ
  • 汗で蒸れて臭う
  • オリモノの不調
  • 細菌性膣炎やカンジダなどの病気

摩擦による痒みやかぶれ

おりものシートは科学繊維を使用しているものが多く、摩擦により肌を傷つけてしまいます。

傷ついた肌の表面は雑菌が繁殖しやすく、かぶれや痒みなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

蒸れて雑菌が繁殖すると臭う

おりものシートを使用すると通気性が悪くなり、あそこが蒸れて臭くなります。

臭いの原因は雑菌ですが、汗は雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

汗をかいたらそのまま放置せずに、新しいおりものシートに取り替えましょう。

膣内に雑菌が侵入してオリモノが不調を起こす

おりものシートは汗や皮脂が溜まりやすく、長時間同じものを使うと雑菌が大量に繁殖してしまいます。

雑菌が膣内に侵入すると、オリモノ水っぽくなって臭ったり、量が増えたりします。

細菌性膣炎・カンジダ膣炎を発症する

同じおりものシートを長時間使用は、細菌性膣炎やカンジダ膣炎の原因になります。

細菌性膣炎は、膣内に細菌が繁殖して膣が炎症した状態で、強い悪臭のオリモノがでます。

カンジダ膣炎は、膣内のカンジダ菌が増えて起こる膣炎で、オリモノがチーズのような発酵した臭いになります。

おりものシートの間違った使い方

以下の使い方をしている人は、おりものシートが原因でさまざまな不調を起こしている可能性があります。

  • 一つのシートの長時間使用
  • 化学繊維のシートの使用
  • きつい下着やズボンとの併用
  • 毎日使う

上記の方法は、間違った使い方になります。

正しい使い方をチェックして、陰部を清潔に保ちましょう。

おりものシートを正しく使ってトラブルを解消しよう


おりものを正しく使うポイントは、以下の4つになります。

  • 2〜3時間おきに交代する
  • 化学繊維ではないシートを使う
  • きついズボンを履くときは使用を避ける
  • オリモノが増加するタイミングで使う

2〜3時間おきに交代する

おりものシートは、2〜3時間に1回取り替えるようにしましょう。

汗をかいたり、汚れが付着していた場合も取り替えるようにすると清潔です。

同じおりものシートを長時間使い続けるのは、臭いだけでなく病気の原因にもなりかねないので頻繁に交換することを意識しましょう。

化学繊維ではないシートを使う

匂い付きのおりものシートは化学繊維で作られていることが多く、摩擦で肌や粘膜を傷つけやすいです。

肌への摩擦は臭い・痒み・黒ずみなど、あらゆるトラブルの原因です。

コットン100%のおりものシートや、オリモノ用の布ナプキンを使いましょう。

きついズボンを履くときは使用を避ける

締め付けのきついガードルやズボンを履くと摩擦の力が強くなるので、おりものシートは使用しないほうがよいです。

また、自転車に乗る時なども擦れてかぶれることがあるので、おりものシートの使用は控えましょう。

どうしても使用したいのであれば、布ナプキンを使うと肌への刺激を抑えることができます。

毎日ではなくオリモノが増加するタイミングで使う

おりものシートを毎日使い続けると、それだけ擦れたり蒸れたりして肌に負担がかかります。

オリモノの量が増える排卵前や月経前のみ使用すると、肌への負担を軽減できます。

臭くなった陰部を治す方法はない?


おりものシートを使い出して、あそこが臭うようになったという人は多いです。

改善する方法がいくつかあるので、悩んでいる人は参考にしてみてください。

  • 布製のおりものシートに代える
  • デリケートゾーン専用ケアグッズを試す
  • 病院で相談する

布製のおりものシートに代える

「オリモノの量が多いのに肌が弱くてかぶれやすい」という女性を中心に、布製おりものシートがブームになっています。

洗濯して繰り返し使えるので経済的ですし、通気性が良く肌に優しいので、普通のおりものシートでかぶれたという人にもオススメです。

ただし、布製のおりものシートも2〜3時間おきに取り替えたほうがよく、使用後に持ち歩かなければいけないというデメリットがあります。

とはいえ、肌に優しい布製ライナーの使い心地に慣れると、持ち歩くのも苦ではなくなってきますので一度試してみる価値はあると思います。

デリケートゾーン専用の石鹸でケアをする

おりものシートを日常的に使っている人は、デリケートゾーンが弱っています。

肌荒れや膣内の雑菌が原因で臭っている可能性があるので、肌と膣に優しいデリケートゾーン専用石鹸を使うようにしましょう。

荒れた肌にも使えて、ニオイを改善できるタイプの石鹸もあります。

デリケートゾーン専用石鹸について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。
(石鹸リンク)

デリケートゾーン専用のケアグッズを試す

デリケートゾーン専用石鹸以外にも、あそこ専用の抗炎症クリームや消臭スプレーなどがあります。

デリケートゾーン専用のソープと併用して使うと、より効果的です。

消臭グッズを試す際は、必ずデリケートゾーン専用のアイテムを使うようにしましょう。

病院で診てもらう

オリモノが臭う場合は、膣炎や性感染症などの性病の可能性があります。

おりものシートをこまめに交換し、あそこに優しい石鹸で洗っても臭いが治らない人は注意が必要。

色が黄色い、量が多いなど異常がある場合は一度婦人科を受診しましょう。

弱ったデリケートゾーンに市販薬は危険!

病院で相談するのは恥ずかしいし面倒だからと、安易に薬局の市販薬を使うのは危険です。

成分の強い市販薬を自己判断で使うと、症状を悪化させてしまったり、思わぬ副作用を起こしたりすることもあります。

おりものシートで荒れてしまったあそこに、作用の強い医薬品を使ってしまうと余計にかぶれてしまうことがあるので注意しましょう。

「カンジダだと思って市販の薬を使っていたら、実はクラミジアだった。」という人もいます。

オリモノが臭うなど気になる症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

おりものシートで確認!「イカ臭い」「量が多い」などの症状はない?


おりものシートを使用していると、オリモノの臭いや色などの状態が分かりやすいです。

自分のオリモノに異常がないか確認してみましょう。

オリモノの異常は膣炎や性病が原因かも

オリモノが異常に臭かったり、おりものシートで吸収しきれないほどの量がでてくる場合は、以下のような病気の可能性があります。

  • 膣トリコモナス
  • 淋菌感染症
  • 細菌性膣炎
  • カンジダ膣炎
  • クラミジア感染症

膣トリコモナス

トリコモナス膣炎に感染すると、オリモノが泡状になるのが特徴です。

オリモノの色が黄色や黄緑色になり、強い悪臭を放ちます。

淋菌感染症

膿が混ざったようなネバネバしたオリモノがでます。

オリモノの色は白や黄色で悪臭を放ちます。

細菌性膣炎

水っぽい灰色や黄色のオリモノが増えます。

イカ臭い、生臭いなどの症状があれば細菌性膣炎の可能性があります。

カンジダ膣炎

無臭なこともありますが、チーズのような発酵した臭いがする場合もあります。

オリモノに白いカスが混じる、量が増えるという症状はカンジダ膣炎が疑われます。

クラミジア感染症

水っぽいサラサラのオリモノが増えます。

白や黄色のオリモノが出ますが、出血が混じってピンクや茶褐色になることもあります。

オリモノ以外の症状が現れにくいため、注意が必要です。

性感染症や膣炎の時はこまめにおりものシートを取り替えよう

性感染症や膣炎を発症すると臭いオリモノが沢山排出されるため、おりものシートを使って陰部を清潔に保ちましょう。

オリモノが増えたり色があるのは、膣内で善玉菌と悪玉菌が戦った証です。

排出されたオリモノの中には菌の残骸がたくさん含まれているので、おりものシートを使用する場合はこまめに取り替えるようにしましょう。

毎日つける人はいる?おりものシートを使っている人と使っていない人の声


おりものシートを使っている人は、どれくらいいるのでしょうか。

女性下着の販売で有名なワコールの調べによると、調査対象女性の56%がおりものシートを使っているという結果になっています。

おりものシート、使ってる?アンケート|ワコール

上記のグラフで見ると、半数以上の女性が日常的におりものシート使っていることが分かります。

おりものシートを使っている人と、使っていない人の声もまとめたので参考にしてください。

使っている人の声

  • 下着を汚したくない
  • 妊娠・出産、産後ケアを機に使い始めた
  • 更年期になって使い始めた

下着を汚したくないという理由で、おりものシートを毎日使っている人も少なくありません。

今まで使っていなくても、妊娠・出産を機会に必要になったり、年齢や体調の変化によって使い始めたりする人もいるようです。

使っていない人の声

  • ムレやかぶれが気になり使えずにいる
  • どのようなときに使うべきなのかわからない
  • 雑菌がわきやすく不衛生

おりものシート使ってない理由として、ムレやかぶれ、痒みなどの使用感や、不衛生な感じがするという意見が多いようです。

また、使い方がわからないことも使用していない理由の一つになっています。

正しい使い方をあらかじめ知っておかないと、急におりものシートが必要になったときに臭いやかぶれなどのトラブルを起こしてしまう危険があります。

おりものシートは使い方さえ間違えなければ、デリケートゾーンを清潔に保つことができるアイテムです。

正しい使い方を知って、あそこのトラブルに悩まされない快適な生活を過ごしましょう。

-お手入れグッズ

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.