臭いの悩み

デリケートゾーンは食べ物が原因でも臭うの?食事を変えて体質改善!

更新日:

デリケートゾーンが臭うと、病気やすそわきがを疑ってしまうと思います。

でも実は、食べ物が原因で悪臭がでてしまうことがあるのです。

食べ物と体のニオイには、大きな関係があります。

この記事では、食べ物によってデリケートゾーンが臭ってしまう原因と対策を紹介します。

デリケートゾーンは食べ物が原因で臭くなる!食事の内容を見直してみよう


デリケートゾーンは、食べ物が原因で臭うことがあります。

最近あそこが臭うなと感じる人は、自分の食生活が大丈夫なのか見直してみましょう。

食事が原因でデリケートゾーンが臭う3つの理由

食事が原因でデリケートゾーンが臭う理由を、大きく3つに分けてみました。

  • 食事の影響で汗が臭いやすくなる
  • 腸内環境悪化によってアンモニア臭くなる
  • 偏食によるカンジダ膣炎

なぜ食べ物とデリケートゾーンの臭いが関係あるのか、以下で解説していきます。

あそこの汗腺は食事の影響で臭いやすい

ワキやデリケートゾーンにあるアポクリン汗線は、食べ物の影響で臭いやすいです。

日本形成外科学会のサイトにも、次のように臭いの原因について記載があります。

「汗に含まれる脂質・タンパク質が皮膚表面の細菌の作用で分解され特有のにおいを生むとされています。」

引用元: 日本形成外科学会

 

アポクリン腺には、ニオイの原因になるタンパク質や脂質などが集まりやすく、それが汗と一緒に排出されると悪臭となってしまいます。

腸内環境が悪いと体中からアンモニア臭が放出されて臭う

腸内環境が悪いと、体中からアンモニア臭が放出されてしまいます。

私たちの体内は、ある程度のニオイ物質を無臭化する力があります。

しかし、便秘や下痢など腸内環境が悪い状態だと、体の中でニオイを抑えることができず、血液を通して体外にニオイを放ってしまいます。

腸内環境良くし、体内から出る悪臭を防ぎましょう。

甘いものを取りすぎるとカンジダ膣炎になって臭くなる!?

甘いものを取りすぎると、カンジダ膣炎になってオリモノが臭くなるケースがあります。

カンジダ膣炎は、膣内のカンジダ菌が過剰繁殖して膣が炎症した状態になります。

過剰繁殖しなければ無害なカンジダ菌、実は糖質が大好物なのです。

実際にカンジダ膣炎になった人の中には、お医者さんに「治りが遅くなるから甘いものは控えるように」と言われた人もいるようです。

カンジダ膣炎になるリスクを抑えるためにも、甘いものの食べすぎは控えましょう。

デリケートゾーンの臭いが強くなる食べ物


デリケートゾーンの臭いを強くする食べ物には肉やお菓子など、日常でよく口にする食べ物があります。

どんな食べ物が臭いを強くするのか、原因となる成分と共にご紹介します。

動物性タンパク質・動物性脂肪の多い食べ物

  • 魚介類
  • 牛乳やチーズなどの乳製品

動物性のタンパク質や動物性脂肪は、生臭い体臭の原因となります。

動物性タンパク質や動物性脂肪を過剰に摂取してしまうと、体内の臭いを抑えている肝機能を弱めてしまい、臭い物質が体から放出されてしまいます。

皮脂や汗の分泌も促すので、アポクリン腺から汗が出た際に、臭いを発生させてしまいます。

腸内の悪玉菌を増やしてしまい、腸内環境が悪くなるのも体臭の原因の1つです。

アリシン・硫化アリルが多く含まれる食べ物

  • にんにく
  • たまねぎ
  • ニラ
  • ねぎ
  • キムチ

上記の食品に含まれる硫化アリルという物質が酸化すると、強い臭いが発生してしまいます。

この強い臭い成分が、血液を通して体中の汗から臭いを放出させてしまいます。

アルコール

  • ビール
  • 焼酎

アルコールは、お酒臭い体臭の原因になります。

アルコールが肝臓で分解されると、アセトアルデヒドという成分になります。

アセトアルデヒドが血液によって運ばれ、体中の皮膚から放出されることによって、お酒くさい体臭になってしまうのです。

アルコールは摂取しすぎると、体内の臭い成分を浄化してくれる肝機能の働きを悪くしてしまうので、注意しましょう。

植物油などのリノール酸を含んだ食べ物

  • サラダ油
  • ごま油
  • マヨネーズ

油やマヨネーズは、体臭を油臭くします。

植物油に含まれるリノール酸は、血液中のコレステロールや中性脂肪を増やし、それが酸化すると体臭の原因となる、過酸化脂質という物質になってしまいます。

過酸化脂質の臭いが血液を通して体外にでると、油臭い体臭になります。

インスタント食品やジャンクフードなどの食品添加物が多い食べ物

  • コンビニ・弁当
  • インスタントラーメン
  • ファーストフードのハンバーガー
  • ポテトチップス

食品添加物が体内に取り込まれると、体臭が油臭くなります。

食品添加物を食べると、体内に活性化酸素という物質が発生・酸化し、油臭いニオイの原因になってしまいます。

甘い食べ物

  • お菓子
  • アイスクリーム
  • ジュース

砂糖を過剰に摂取してしまうと、カンジダ膣炎になるリスクが高まります。

悪玉菌を増やし、腸内環境を悪くしてしまうので、砂糖の摂りすぎには注意しましょう。

デリケートゾーンの臭いを抑える食べ物


臭いを強くする食べ物がある一方で、臭いを抑える食べ物もあるのでご紹介します。

殺菌消臭成分のある食品

  • お茶
  • 梅干し
  • お酢

お茶に含まれるカテキンやフラボノイドには殺菌・消臭効果があります。

お酢や梅干しには、臭いの原因となるタンパク質の分解を助ける働きがあります。

体臭を強くする食品を食べた際、一緒に摂ると臭いを抑えることができます。

抗酸化作用のある食品

  • 緑黄色野菜
  • フルーツ
  • きのこ
  • 海藻

肉や動物性脂肪の多い食べ物を摂りすぎると、皮脂が酸化しやすくなり、体臭がクサくなってしまいます。

酸化を抑えるアルカリ性の食品を一緒に摂って、酸性に傾いた体を中和させましょう。

腸内環境を良くして臭いを改善

  • 納豆
  • ヨーグルト
  • 食物繊維が多い食べ物

腸内の悪玉菌が増えると体臭の原因になります。

腸内環境を整えて善玉菌を増やしましょう。

免疫力を高めてカンジダ予防

カンジダ膣炎は、体の免疫力が低くなると発症しやすくなります。

免疫力を高める食品を多く摂り、カンジダ膣炎を予防しましょう。

甘いものに含まれている糖分は、カンジダの餌になるので摂りすぎに注意しましょう。

デリケートゾーンの臭いの原因は食べ物以外にもあった!生活習慣を見直して体臭を防ごう


食べ物のほかにも、臭い解消のために見直したほうがいい生活習慣を、4つにまとめました。

  1. 運動
  2. 水分摂取
  3. 睡眠
  4. 洗い方

体臭の原因は食生活だけではありません。

さまざまな角度から、自分の臭いの原因が何なのかを突き止め改善しましょう。

適度な運動で汗をかく

汗をかかないと、汗腺に皮脂などの汚れが溜まったままになります。

雑菌が繁殖し、少し汗をかいただけで強いニオイを発生させてしまいます。

適度な運動で汗を流し、汚れが溜まらないようにしましょう。

汗をかいた後そのまま放置すると、雑菌が繁殖して臭ってしまいます。

きちんと拭き取るか、お風呂で洗い流し、雑菌が繁殖しないように清潔にしましょう。

水分をこまめにとる

水分不足だと、体の代謝が悪くなってしまいます。

体の老廃物を尿や汗として排出しづらくなるので、臭いが強くなってしまいます。

水分をこまめに摂って、体に老廃物が溜まらないようにしましょう。

しっかり睡眠をとる

睡眠不足は、体臭の原因となります。

体の疲労が慢性化すると血液の循環が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるので注意。

体の疲れを溜めないように、しっかりと睡眠を取りましょう。

洗い方を見直す

デリケートゾーンや体臭がなかなか治らないという人は、洗い方が間違っているかもしれません。

毎日のシャワーの仕方を変えることで、体臭を大幅に改善できる可能性があります。

正しい洗い方を知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

4,803pv
【図解あり】デリケートゾーンの正しい洗い方!膣内・外陰部のケア方法を解説!

デリケートゾーンの臭いやかゆみ、実は洗い方が原因かもしれません。 洗ってもスグ臭くなる… 石鹸で洗うと、ピリピリしてかゆい! この洗い方あってる? 毎日シャワーに入っているはずなのに、どうして上記のよ ...

続きを見る

デリケートゾーンの臭いに悩む女性が増えているのは、食べ物の変化のせいだった

女性の社会進出が進み、ライフスタイルの変化に伴って、食事の仕方にも選択肢が増えてきました。

しかし一方で、自分の体臭を気にする女性も増えています。

あなたがもし、デリケートゾーンや体の臭いに悩んでいるのであれば、原因は食生活などの生活習慣かもしれません。

ファーストフードでハンバーガーを食べるのではなく、野菜を使ったメニューが豊富なカフェに行くなど、少し意識するだけでも食生活を見直すことができます。

肉、野菜、穀物など、バランスのよい食事を心がけ、健康でストレスのない生活を送りましょう。

-臭いの悩み

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2018 All Rights Reserved.