臭いの悩み

デリケートゾーンの臭いの消し方まとめ【ニオイの対策方法を徹底検証】

更新日:

あなたは、あそこの臭いに自信がありますか。

女性の陰部はとても臭いやすく、多くの人が深い悩みを抱えています。

  • どうしてこんなに臭うの?
  • トイレに行くたび、落ち込む…
  • これじゃ彼に嫌われる…。どうしたら治せる?

あそこが臭うのは、日常の些細なことから病気まで、様々な原因があります。

間違った方法を続けても治らないばかりか、悪化してしまう可能性もあります。

あそこが臭う本当の原因を知って、正しくケアすることが臭い解消の第一歩です。

この記事では、「デリケートゾーンが臭う本当の原因」「適した対策方法」を紹介します。

デリケートゾーンの臭いを対策!


デリケートゾーンが臭う原因を大きく分けると以下の3つになり、それぞれで対処方法が異なります。

  1. 性病
  2. すそわきが
  3. 汗や雑菌
主な原因 正しい対策方法 ニオイ
性病 ・病院 ・生臭い
・魚臭い
・イカ臭い
・チーズ臭い
すそわきが
(腋臭症)
・食事改善
・デオドラントクリーム
・手術
・生ゴミ臭い
・ごぼう臭い
・酢のニオイ
・汗・雑菌
・恥垢・オリモノ
・ケアを見直す
・あそこ専用石鹸
・生臭い
・酸っぱい
・アンモニア臭

オリモノから、生臭い魚臭いチーズ臭いなどの異様なニオイがする場合は、性病の疑いがあります。

オリモノの色が普段と違ったり、出血が混じったりしているなら、早めに病院で検査を受けましょう。

オリモノではなく、デリケートゾーン全体から強い臭いがする人は、すそわきがの可能性があります。

すそわきがはワキガと同じように体質なので、普通に洗うだけではニオイが解消できません。

すそわきが専用のデオドラントクリームや、手術を受けることで大幅な改善が見込めます。

病気やスソワキガの可能性が低い人は、デリケートゾーンの衛生状態が良くないことが原因で臭っています。

正しいケア方法を知ることで、臭いをスッキリ解消することができます。

デリケートゾーンの臭いの原因は?


デリケートゾーンが臭う原因を、細かく見てみましょう

  • 汗と皮脂
  • オリモノ
  • 恥垢(マンカス)
  • 洗いすぎ
  • 生理前〜生理後
  • 女性ホルモンの乱れ(妊娠・加齢・ピル)
  • 病気(性病・婦人科系疾患)
  • すそわきが

汗+皮脂=雑菌臭

デリケートゾーンの臭いは、汗と皮脂が大きな原因です。

皮脂が結びつくことで細菌の活動が活発になり、独特な臭いのガスが発生します。

デリケートゾーンは汗をかきやすいうえに、皮脂や角質が溜まりやすいアポクリン腺の密集地帯。

ムレにくい環境を作り、毛穴に汚れを溜めないことが臭い解消のカギになります。

汗を抑える制汗クリームや、古い角質などをキレイに落とすあそこ専用石鹸を使うことで、臭いの発生を抑えることができます。

オリモノ

下着に染みついたオリモノを放っておくと、雑菌が大量に繁殖してニオイが強くなるので注意が必要。

タンパク質が豊富なオリモノは、雑菌にとってエサの宝庫です。

おりものシートを活用するか、あそこ専用ウェットシートでこまめに拭き取り、あそこを清潔に保つよう心がけましょう。

アンモニア臭いのは恥垢(マンカス)のせい?

恥垢(ちこう)とは、デリケートゾーンの汚れが固まった白いカスのことで、強烈なアンモニア臭がするのが特徴になります。

恥垢ができるのは、皮脂や古い角質、排泄物の拭き残しが原因です。

特に、ビラビラした大陰唇の内側は汚れが溜まりやすいため、毎日のシャワータイムで丁寧に洗い流すようにしましょう。

洗いすぎ

デリケートゾーンを不衛生にするのは良くありませんが、実は、洗いすぎもニオイの原因になります。

あそこを普通のボディソープで洗っている人は、特に要注意。

一般的なボディソープは洗浄力が強いため、膣内の善玉菌を減少させてしまい悪玉菌の侵入・繁殖を防ぐことができません。

悪玉菌が繁殖するとオリモノの臭いが強くなるうえに、カンジダ細菌性膣炎などの病気になる可能性が高くなります。

病気にかかるリスクを減らすためにも、陰部はデリケートゾーン専用ソープで優しく洗うのが得策になります。

生理前〜生理後

生理前から生理後は、あらゆる要因が重なってあそこが臭いやすくなります。

生理前 ・オリモノの量が増える
生理中 ・ナプキンで蒸れる
・経血により血生臭くなる
生理後 ・生理中の臭いが染み付いて臭う

女性は1ヶ月の内、約3分の1はデリケートゾーンが臭っている状態だといえます。

少しでも臭いを軽減するためには、オリモノシートや生理用品をこまめに交換し、ケアアイテムを活用するのがおすすめ。

専用ウェットシートを使えば一気にニオイが拭き取れますし、下着やナプキンにデオドラントスプレーを吹きかける方法もあります。

女性ホルモンの影響


デリケートゾーンの臭いは、女性ホルモンとも密接な関係があります。

ストレス妊娠加齢など、避けては通れないような要因でも臭ってしまいます。

ストレス

ストレスにより女性ホルモンのバランスが乱れると、オリモノの量が増えて細菌が繁殖しやすくなるので注意が必要になります。

ストレス解消には、趣味に没頭する時間を作り、エステやスパでリラックスするのが有効です。

とはいえ、仕事や家事、育児などで忙しい現代女性にとっては、なかなか難しいのが現実。

自宅でもできるストレス解消法としては、アロマの臭いを嗅いだり、しっかり睡眠をとることが有効になります。

妊娠

女性ホルモンが急激に変化する妊娠出産の前後は、デリケートゾーンやオリモノが臭いやすい期間なります。

特に注意が必要なのは、臨月に入る頃のオリモノの臭いです。

体の抵抗力が落ちている出産前は、カンジダ膣炎細菌性膣炎にかかりやすく、放っておくと切迫早産になるリスクが高まります。

妊娠中にオリモノから異様な臭いがある場合は、かかりつけの婦人科で早めに相談しましょう。

低容量ピルの服用

避妊やPMS(月経前症候群)対策で低容量ピルを服用している人も、あそこが臭いやすいです。

特に飲み始めの1〜3ヶ月は女性ホルモンが急激に変化するので、膣内が細菌に弱くなることがあります。

細菌が侵入しないよう、デリケートゾーンを清潔に保つことがとても大切です。

加齢・更年期

40歳〜60歳の間に訪れる更年期は、女性ホルモンがかなり不安定になるので、オリモノが臭いやすい期間になります。

デリケートゾーンの潤いが減ることによる萎縮性膣炎や、子宮がんなども更年期にかかりやすい疾患です。

「オリモノが血なまぐさい」「不正出血がある」など気になる症状がある人は、医療機関で検査を受けましょう。

生臭い・魚臭い・チーズ臭いなら性病の可能性あり


オリモノから異様な臭いがある場合、性感染症などの病気が心配になると思います。

オリモノが臭くなる主な病気と症状を一覧にしたので、自分に当てはまらないかチェックしましょう。

病名 オリモノの臭い オリモノの状態
細菌性膣炎 イカ臭い、魚臭い 黄色、黄緑色
カンジダ チーズ臭い 白い、ポロポロしたカス
トリコモナス 魚が腐ったニオイ 黄緑、泡状のオリモノ
淋病 生臭い、無臭 量が増える
クラミジア 生臭い、無臭 量が増える
子宮系疾患 血なまぐさい 出血が混じり茶色くなる

性感染症や子宮ガンなどの病気は、痛みや出血などの症状がない場合も多く、オリモノの異変を見逃さないことが重要になります。

厚生労働省でも、性感染症の危険性について以下のように説明しています。

性行為感染症は、感染自体の直接的な影響を超えた深刻な影響を与えることがあります。

引用元: 厚生労働省

 

性感染症を放っておくとHIVの感染率が高くなり、不妊・早産・流産・死産のリスクを高めるなど、深刻な影響を招くことになります。

オリモノの状態に異常がある人は、しっかり検査を受けて治療することで、あそこの臭いを解消することができます。

酸っぱい臭いはスソワキガかも

酸っぱい臭いがする」「洗ってもすぐ臭う」という人は、すそわきがの可能性があります。

スソワキガは体質が原因なので、普通の石鹸では臭いを落としきるのが難しいです。

すそわきがの臭いを改善するには、以下の方法が有効になります。

すそわきがの程度 対策方法
軽度
(近づくと軽く臭う)
・食生活を見直す
・VIO脱毛
軽度〜中度
(少し離れても臭いが分かる)
・デオドラントグッズ
重度
(下着に黄色いシミがつく)
・手術

軽度のすそわきがの場合は、食事改善VIO脱毛で臭いを軽減できます。

臭いを消す食べ物や、脱毛の効果について詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてください。

(食べ物リンク)
(脱毛リンク)

「パンツを下ろした時に臭う」など少し離れても臭う中度の場合は、すそわきが用のデオドラントグッズを使うのが有効になります。

すそわきがの臭いの原因は、ずばり雑菌です。

デオドラントクリームを使えば、雑菌の繁殖を防ぐことができるので、あそこの臭いをかなり軽減することができます。

「パンツに黄色いシミがつく」などの重度の場合は、手術を受けると一気に改善できる可能性が高いです。

ただし、すそわきがの手術にはメリットもあればデメリットもあります。

手術の種類や費用をまとめた記事があるので、以下を参考にしてください。

(すそわきが手術リンク)

デリケートゾーンの臭いの原因は「雑菌」がほとんど


デリケートゾーンが臭うのは、病気などの特別な理由でない限り「雑菌」の影響が大きいです。

あそこが臭う仕組みを、外陰部と膣内部に分けて説明していきます。

外陰部に雑菌が増えるとモワッとした臭いに

デリケートゾーンに密集しているアポクリン腺の汗には、脂肪酸、タンパク質、糖質、色素、尿素、アンモニア
などが含まれており、雑菌にとってはエサの宝庫になります。

に含まれる成分と雑菌が結びついたときに、独特な酸っぱいニオイが発生します。

汗と雑菌によるデリケートゾーンの臭いには、以下の対策が有効です。

  • 陰部を清潔に保つ
  • 汗を抑える

肌表面を清潔に保つことは、臭いを予防するうえで最も大切です。

古い角質や排泄物が肌に付着した状態だと、汗と結びついたときに強烈な臭いを放ちます。

デリケートゾーンは毎日ソープで洗い、オリモノシートや生理用ナプキンの長時間使用は控えるようにしましょう。

また、汗を抑えることも臭い予防にとても有効です。

汗を抑えることができれば、雑菌による強いニオイが発生することもありません。

ウェットシートで汗をこまめに拭き取るか、制汗クリームで汗が出るのを抑えるのがおすすめです。

膣内に雑菌が繁殖するとオリモノが臭う

肌表面ではなくオリモノが臭う場合は、膣内に雑菌が繁殖している状態です。

膣内に雑菌が繁殖する原因は、以下のとおりになります。

  • 疲労やストレス
  • 風邪・病気
  • 抗生物質の服用
  • 低容量ピル
  • 洗いすぎ

膣内は通常、デーデルライン桿菌という善玉菌の働きにより、カビや細菌から守られています。

しかし、洗いすぎストレスなどによりデーデルライン桿菌のパワーが弱くなると、悪玉菌が大量繁殖してオリモノが生臭くなります。

オリモノの臭いを改善するには、体の抵抗力をアップして正しいケアをすることが大切です。

その洗い方は間違っているかも!正しいデリケートゾーンの臭いケア方法


あそこの臭いを消したいからといって、以下のような洗い方をしていませんか。

間違ったデリケートゾーンの洗い方とは?

  • ボディソープで何度も洗う
  • トイレの後は必ずウォッシュレット
  • 膣内をシャワーやビデで洗う

上記の方法でデリケートゾーンを洗っている人は、注意が必要です。

デリケートゾーンを過剰に洗うと膣内の善玉菌が減少し、オリモノに雑菌が繁殖しやすくなります。

排泄後のウォシュレットの使用も、膣内の細菌バランスを壊してしまうので控えましょう。

国立国際医療研究センター病院の荻野満春氏も、ウォシュレットと細菌性膣炎の関係について以下のように考察しています。

「習慣的に温水洗浄便座を使用している人は、使用していない人に比べて、膣内の善玉菌である乳酸菌が著しく消失し、腸内細菌などによる汚染が目立ち、細菌性膣症にかかりやすくなっていた」

引用元: 国立国際医療研究センター病院

 

荻野満春氏の調べによると、ウォシュレットを使用している人は細菌性膣炎にかかるリスクが高くなるとのこと。

デリケートゾーンを清潔にしようと洗いすぎるのは病気の原因にもなるので注意しましょう。

膣内部を洗うには?

膣内まで綺麗に洗いたい人は、婦人科を受診しましょう。

オリモノが臭う原因を特定したうえで膣洗浄をしてもらえますし、必要であれば膣錠が処方されます。

注意ポイント

膣内をセぺやインクリアなどの膣洗浄料で洗うのは、かえって症状が悪化する可能性があるので控えましょう。

臭いを消すための3つの方法


デリケートゾーンの臭いを改善する方法は、次のとおりになります。

  • やさしく丁寧に洗う
  • 陰毛の量を減らす
  • デリケートゾーン専用グッズを使う

外陰部の臭いも、オリモノの臭いも、元をたどれば雑菌が原因になります。

逆に考えると、雑菌さえ対策できればデリケートゾーンの臭いは解消できるといえます。

正しいケアで雑菌からあそこを守り、臭いを解消しましょう。

やさしく丁寧に洗って雑菌予防

あそこの雑菌を減らすためには、陰部を優しく丁寧に洗うことが重要になります。

シャワーは毎日浴びているはずなのに、あそこの正しい洗い方を知らない人は意外と多いです。

マイナビウーマンの調査でも、女性の約半数がデリケートゾーンの洗い方に自信がないということが分かっています。

Q.自分の「デリケートゾーン」の洗い方は、正しいと思いますか?

そう思う……12.6%
どちらかというとそう思う……39.5%
どちらかというとそう思わない……33.6%
そう思わない……14.3%
※「マイナビウーマン」調べ。調査日時:2016年6月20日~6月26日、調査人数:119人(22歳~34歳の働く女性)

引用元: マイナビウーマン

 

デリケートゾーンの洗い方で迷わないためにも、以下のポイントを覚えておきましょう。

  1. 手の平でなでるように洗う
  2. ビラビラした大陰唇・小陰唇の内側は丁寧に洗う
  3. 石鹸や汚れが残らないように洗い流す

デリケートな女性の陰部を、ボディタオルでゴシゴシ洗うのはNGです。

摩擦が起こらないよう、手の平を滑らせるように洗うのがポイントになります。

洗った後に石鹸汚れが少しでも残っていると、悪臭を放つ恥垢(マンカス)の原因になるので気をつけましょう。

アンダーヘアの量を減らしてムレ対策

アンダーヘアの量を減らすのは臭い予防に効果的な方法です。

汗でムレやすい陰毛は、雑菌にとっては良い棲み家

陰毛の量を減らして、雑菌の溜まりにくい環境を作りましょう。

アンダーヘアの量を減らす方法は、いくつかあります。

  • カット(はさみ・ヒートカッター)
  • 剃毛(カミソリ・除毛クリーム)
  • VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)

上記のお手入れ方法について、以下で簡単に説明します。

カット

VIO脱毛やカミソリでの剃毛に抵抗がある人は、陰毛短くカットするだけでも臭い対策になります。

カットする際はハサミではなく、ヒートカッターを使うのがおすすめ。

熱で陰毛をカットするので、毛先がとがらずチクチクしないで済みます。

剃毛

カミソリ除毛クリームを利用すると、自宅で簡単にアンダーヘアを減らすことができます。

「全部剃るのはちょっと…」という人は、臭いが発生しやすいIラインだけでも処理すると雑菌が溜まりにくい環境を作れます。

VIO脱毛

すそわきがの人や汗をかきやすい体質の人には、VIO脱毛が適しています。

VIO脱毛をすることで毛穴が引き締まるので、臭いの原因となる汗や皮脂を軽減することができます。

陰毛がなくなることで、蒸れや恥垢(マンカス)を予防できるため、外陰部の臭いで悩んでいる人には効果的です。

【即効性NO.1】デリケートゾーン専用グッズならすぐに臭いを消せる


デリケートゾーン専用グッズを使うと、臭いを手っ取り早く改善することができます。

専用グッズには沢山の種類があるので、アイテムごとに分けて特徴を紹介しようと思います。

  • おりものシート
  • ウェットシート
  • 消臭スプレー
  • デオドラントクリーム
  • デリケートゾーン専用ソープ

おりものシート

即効性
持続性

おりものシートは、オリモノによる臭いが気になる人に適しています。

オリモノが下着に付着するのを防げるので、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることができます。

使い方を間違えると逆効果になるため、以下のポイントをチェックして上手に取り入れましょう。

  • コットン100%の天然素材のものを選ぶ
  • 2〜3時間おきに取り替える

同じおりものシートを長時間使い続けるのは、臭いの原因になるので注意しましょう。

おりものシートは、あくまでその場しのぎの対処法になるので、他のアイテムの補助として使うのがオススメです。

デリケートゾーン専用ウェットシート

即効性
持続性

持ち運びができて便利なあそこ専用ウェットシートは、外出中にもケアしたい人にうってつけです。

汗や汚れ、ニオイを一気に拭き取れるので、急なデートのお誘いにも焦らず対応することができます。

こんな方におすすめ

  • 外出中もケアしたい ・臭いを一気に消したい
  • 生理中の経血の臭いが気になる

デオドラントスプレー

即効性
持続性

シュッと吹きかけるだけで臭いを消せるデオドラントスプレーは、ポーチに忍ばせておくと便利なアイテム。

あそこを直接触る必要がなく、衛生面が気になる人に向いています。

持続性が少し弱いですが、持ち歩けるサイズのものが多く、こまめにケアすることが可能です。

こんな方におすすめ

  • 陰部を直接さわるのに抵抗がある
  • 外出先でもケアしたい

デオドラントクリーム

即効性
持続性

あそこにピタッと密着するデオドラントクリームは、持続性即効性に優れたアイテムです。

最近のデリケートゾーンケアブームを受けて、クリームの種類も大幅に増えてきました。

あそこの臭いをきちんと治したいのであれば、以下の3つの効果があるかを目安に選びましょう。

  • 殺菌効果(イソプロピルメチルフェノールなど)
  • 消臭効果(柿タンニン、ミョウバンなど)
  • 制汗作用(パラフェノールスルホン酸亜鉛)

デオドラントクリームは、医薬部外品のものを選ぶと失敗を防げます。

医薬部外品は、成分の有効性が国に認められた証になりますので、アイテムを比較する際の判断基準になります。

こんな方におすすめ

  • 外陰部の臭いが気になる
  • 何度もケアするのが面倒くさい
  • すそわきが

デリケートゾーン専用ソープ

即効性
持続性

ニオイの原因を総合的に改善したい人は、デリケートゾーン専用ソープがおすすめです。

デリケートゾーン専用ソープを使うことで、以下のような臭いの原因をトータルケアすることができます。

  • 汗と皮脂
  • オリモノ
  • 恥垢(マンカス)
  • 洗いすぎ
  • 生理前〜生理後

即効性や持続性はデオドラントクリームに劣りますが、続けていくことでニオイが発生しにくい環境を作ることができます。

いつものボディソープをデリケートゾーン専用に変えるだけなので、面倒な工程は一切ありません。

ずぼらな人でも続けやすく、初心者にもぴったりのケア方法になります。

こんな方におすすめ

  • 臭いの原因をトータルケアしたい
  • 簡単に臭いケアしたい

デリケートゾーンの臭いを改善するならクリアネオパール

クリアネオパール

あそこの臭い・黒ずみ対策グッズランキングでNo.1に選ばれたオーガニックソープのクリアネオパール

「イソプロピルメチルフェノール」という殺菌作用や、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という制汗作用のダブルアプローチで、臭いのもとを根本的に抑えることができます。

「使い始めて1週間で臭いが改善した!」という口コミも多く、その結果、2年連続でモンドセレクション金賞を受賞しています。

石油系界面活性剤着色料などが一切不使用で、敏感肌の人でも安心して使用できるのも高ポイント。

定期購入すると安くなるうえに、永久返金保障が付いているので、万が一肌に合わなくても損をしません。

有名なイビザソープとくらべて価格が安く、申込数が増えているため品薄状態の商品でもあります。

すそわきがを改善するならクリアネオ

クリアネオ

クリアネオは、消臭成分の有効性が厚生労働省に認められた、医薬部外品のデオドラントクリームになります。

「イソプロピルメチルフェノール」と「パラフェノールスルホン酸亜鉛」のダブル有効成分に加え、消臭効果の高い柿渋エキスニオイを徹底ブロック

楽天のデオドラントクリームランキング1位に輝き、「アソコの臭いがスグに無くなった」という評判も多いです。

完全無添加なので敏感肌の人でも肌荒れせず、満足度も99.1%と高水準を保っています。

今なら、定期購入で1,000円オフになるうえに、送料無料で永久返金保障付きになります。

解約は1回目から電話で簡単にできるので、「とりあえず試してみたい」という人にもピッタリのアイテムになります。

-臭いの悩み

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2018 All Rights Reserved.