オリモノの悩み

ポロポロした白いチーズ状のオリモノは「膣カンジダ」が原因かも!

投稿日:

「オリモノが白くてポロポロしている」「あそこが痒い」などの症状で悩んでいませんか?

オリモノの異変外陰部のかゆみは、膣カンジダが原因の可能性があります。

膣カンジダになるとオリモノが不調になり、膣口周辺に痒みやかぶれが起こることがあります。

クラミジアや淋病などの性感染症と違ってセックスが原因ではないので、性体験のない人でも発症する病気です。

女性の5人に1人が膣カンジダを経験


膣カンジダは、疲労ストレスなどの誰にでも起こりうることが原因で発症し、多くの女性が経験することが分かっています。

医薬品の製造で有名な小林製薬では、膣カンジダについて以下のように説明があります。

腟カンジダとは、腟内の常在菌であるカンジダという真菌の異常増殖によって起こる腟炎です。
腟カンジダは約5人に1人が経験する、女性にとってポピュラーな病気です。
ちょっとした身体の変調によって発症しやすいため、治癒しても再発しやすいのです。

引用元: 小林製薬

 

つまり、膣カンジダは発症しやすいうえに、ちょっとした体調の変化で何度でも繰り返してしまう厄介な病気だということです。

この記事では、膣カンジダの症状とともに、原因や治療方法までわかりやすく紹介していきます。

「膣カンジダかもしれない」という人や、「何度も繰り返してしまう」という人の悩みを少しでも軽くできたら幸いです。

膣カンジダの症状は?白いチーズ状のオリモノは発症のサイン


膣カンジダを発症すると、オリモノに様々な異常が現れます。

自分に当てはまる症状がないか、チェックしてみましょう。

チェック項目 症状
白・クリーム色
状態 チーズ状・ヨーグルト状・ポロポロしたカスが混じる
増える
臭い 酸っぱいにおい・チーズ臭い

「オリモノが白くてチーズ状」「ポロポロしたカスが混じる」などは、膣カンジダ特有の症状になります。

また、オリモノ以外にも症状が現れることがあるので、こちらも確認しておきましょう。

オリモノ以外に現れる症状は次の通りです。

  • 外陰部の痒み・灼熱感
  • 排尿痛
  • 性交時の痛み

オリモノの異常とともに、外陰部のかゆみなどがある場合は膣カンジダの可能性が高いです。

かゆみなしの場合は?自覚症状には個人差がある!

膣カンジダになったからといって、上述したような症状が全て起こるわけではありません。

オリモノの量が少し増える程度の人もいれば、排尿困難になるほど症状が酷くなる人もいます。

症状が軽いからといって治療を後回しにすると、重症化することもあるので注意が必要です。

膣カンジダ症の原因は?


膣カンジダ症は、膣の自浄作用の低下が大きな原因になります。

膣の自浄作用とは、膣内の善玉菌(デーデルライン桿菌)が悪玉菌の侵入・繁殖を防ぐ機能のことです。

膣の自浄作用によって膣内は健康に保たれていますが、ストレスなどが原因で正常に機能しなくなってしまうことがあります。

この間にカンジダ菌が繁殖すると、膣炎を起こして膣カンジダになってしまいます。

自浄作用が低下してしまう要因を、以下の3つに分けました。

  1. 免疫力の低下
  2. デリケートゾーンの衛生状態
  3. 女性ホルモンの変化

それぞれどのような理由で自浄作用が低下するのか、詳しく見ていきましょう。

免疫力の低下

  • 風邪や病気
  • 抗生物質の服用
  • 疲労やストレス
  • 睡眠不足
  • 過度なダイエット

体の免疫力が低下すると、膣内の善玉菌のパワーも弱くなり、膣の自浄作用がうまく働かなくなってしまいます。

善玉菌の働きを低下させないためには、体調管理が重要になります。

デリケートゾーンの衛生状態

  • 陰部の不衛生
  • 陰部の洗いすぎ
  • ビデの使用
  • おりものシートの長時間使用
  • 下着による締め付け
  • 性交渉

デリケートゾーンを清潔にしていないと雑菌が繁殖しやすくなり、膣内の細菌バランスを崩してしまいます。

また、洗浄力の強い石鹸で洗ったり、ビデを日常的にしようするのも膣内の善玉菌を洗い流してしまうので控えましょう。

性行為の際はコンドームを使うことで、雑菌の侵入を抑えることができます。

女性ホルモンの変化

  • ピルの服用
  • 生理前後
  • 妊娠中

膣の抵抗力は、女性ホルモンの変化によっても弱くなってしまいます。

「生理前に何度も繰り返す」「妊娠中にカンジダになった」という女性が多いのはこのためです。

上記の期間は膣カンジダを発症しやすいため、体調管理や陰部の衛生面など、他の要因を少しでも改善することでリスクを軽減できます。

カンジダ症はセックスで男性にもうつる?

カンジダ症は、性交渉により男性にも移ってしまうことがあります。
男性の陰部にカンジダが感染し、カンジダ症亀頭包皮炎という状態になると非常に強い症状が現れます。

男性のカンジダの症状

  • 亀頭や包皮のかゆみやただれ
  • 水ぶくれ
  • 乾燥、皮がめくれる
  • 尿道炎
  • 白い分泌物

男性がカンジダを発症することは稀ですが、膣カンジダの女性と性行為をすることで感染してしまうことがあります。

膣カンジダの疑いがある人や治療中の人は、医師に問題ないと判断されるまでパートナーとのセックスを控えましょう。

膣カンジダはどうやって治療するの?


膣カンジダの治療はそれほど難しくありませんが、放っておくと重大な疾患に繋がることもあります。

重症化するまえに、しっかり治しましょう。

治療方法

膣カンジダは以下のような方法で治療します。

膣洗浄

膣内洗浄して、オリモノやカンジダ菌の残骸を洗い流します。

膣洗浄だけでは膣カンジダを治せないので、洗浄後に膣錠を挿入します。

膣錠

1日1回、抗真菌薬の膣錠を挿入し、カンジダ菌を減らします。

治療期間は1週間前後ですが、症状は2〜3日で改善することが多いです。

軟膏

外陰部に痒みがある場合は、膣錠と併用して軟膏クリームなどで治療します。

症状を話しておかないと処方されないことがあるので、外陰部にかゆみがある人は医師にあらかじめ相談しておきましょう。

自然治癒を期待して放置するのは危険!不妊の原因にも

膣カンジダが軽度の場合は、自然治癒することがあります。

しかし自然治癒を期待して放っておくと、重症化してしまい治るのが遅くなるばかりか、骨盤腹膜炎など別の疾患を起こしてしまうので危険です。

日本産婦人科学会では、骨盤腹膜炎などの疾患と不妊の関係について以下のように示唆されています。

女性に排卵がなかったり、子宮内膜症を合併していたり、過去に骨盤腹膜炎などにかかったことがあったりすると妊娠しにくいことが分かっています。

引用元: 日本産婦人科学会

 

上述の内容によると、骨盤腹膜炎になった経験がある女性は妊娠しにくくなるということが分かっているようです。

膣カンジダを放置すると骨盤腹膜炎になることがあるので、妊娠を望む女性は特に気をつけましょう。

また、膣内が炎症している状態なので細菌やウイルスが侵入しやすく、クラミジアなどの性感染症の感染率を高めてしまうので注意が必要。

初期の段階であれば簡単に治る病気なのですから、カンジダの疑いがあるなら早めに治療を開始することが賢明です。

カンジダは再発しやすい!?繰り返さないためには?


膣カンジダは、疲労や生理などの些細な体調の変化が引き金になるため、とても再発しやすい病気です。

飯田橋レディースクリニックの岡野浩哉委員長は、カンジダの再発率と治療方法について以下のように話しています。

通常の治療をしても約1割は再発します。その場合は同様の治療を行います。年に4回以上再発する場合は、治療法を見直す必要があります。専門医に相談しましょう。腟に入れる錠剤の種類を変えるほか、錠剤を入れる期間を長くして効果をみます。

引用元: 繰り返すカンジダ腟炎

 

岡野委員長によると、膣カンジダは治療をしても約10人に1人が再発するとのこと。

せっかく治ったと思ったのに、すぐに再発してしまうのはショックだと思います。

では、繰り返す腟カンジダを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

膣カンジダの再発を防ぐ3つの方法

膣カンジダの再発を防ぐには、原因となる生活習慣やデリケートゾーンの洗い方を見直す必要があります。

どうしたら再発を防げるのか、具体的な方法を紹介します。

免疫力をアップさせる

カンジダ症は、体の抵抗力が低くなると発症しやすくなるため、生活習慣を見直して免疫力をアップさせる必要があります。

しっかり睡眠をとって、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

また、腸内環境を整えることも効果的です。

仕事やプライベートが忙しくてなかなか生活改善ができない人は、ヨーグルト乳酸菌サプリを積極的に取り入れることで免疫力をアップできます。

免疫力を高めることが、繰り返すカンジダ予防の最大の近道です。

デリケートゾーンの環境を見直す

デリケートゾーンが不潔な状態だと膣内に雑菌が繁殖しやすくなり、善玉菌が戦い疲れて弱くなってしまいます。

おりものシートや生理用ナプキンは頻繁に取り替え、陰部を清潔に保ちましょう

あそこの蒸れによる雑菌繁殖を抑えるために、VIO脱毛剃毛でアンダーヘアを減らすのも効果的な方法の一つです。

また、洗浄力の強いソープで洗ったり、頻繁にビデで膣内洗浄をすると、善玉菌そのものが減ってしまうので細菌が繁殖しやすくなります。

生活習慣に問題がないのにカンジダ症を繰り返してしまう人は、デリケートゾーン専用の石鹸に変えると再発を防げるかもしれません。

リフレッシュする

膣カンジダになるというのは、体になんらかのストレスがかかっている証です。

心身ともにリフレッシュし、ストレスを改善するのが膣カンジダの予防になります。

ウォーキングやヨガなどの運動や、旅行やエステもストレス解消に効果的なのでおすすめです。

自分にあった方法で心も体もリフレッシュして、繰り返す膣カンジダのストレスからも解放されましょう。

【朗報】カンジダ膣炎には再発用の市販薬がある!


カンジダ膣炎は再発の場合のみ、ドラッグストアで買える抗真菌薬を使うことができます。

どんなに生活習慣を気をつけていても、カンジダ膣炎が再発してしまうことはあります。

再発のたびに病院に行くのは、忙しい現代の女性にとっては大変なこと。

小林製薬のフェミニーナ腟カンジダ錠や、佐藤製薬のエンペシドLなどの市販薬を使えば、自分でカンジダを治すことができます。

ただし上記の薬は、過去に病院でカンジダと診断された経験がある人しか購入できません。

購入の際には薬剤師の確認が必要になるため、薬局によっては取り扱っていない場合もあります。

薬局で買えるカンジダ予防グッズ

カンジダの再発治療には市販薬が使えますが、できれば再発する前に予防したいですよね。

生活習慣の改善が予防には効果的ですが、忙しい女性にとっては難しいことだと思います。

手軽に再発予防をしたい人には、薬局などの市販でも買える膣内洗浄剤のインクリアが便利です。

インクリアは、善玉菌の働きをサポートする乳酸が配合されているので、膣に悪玉菌が繁殖するのを抑えることができます。

再発しやすくなるタイミングで1プッシュするだけなので、手軽に使えるのも高ポイント。

インクリアは薬局でも買えますが、取り扱っていない店舗も多いため、ネットでの購入をおすすめします。

ネット購入の先駆けとなったインクリアは、品薄状態になるほど人気の高い商品になります。

-オリモノの悩み

Copyright© デリケートゾーンの教科書 , 2019 All Rights Reserved.