神経内科

神経内科の診療とは

 神経内科は脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気を診察する内科です。神経内科の受診が薦められる症状のとしては、もの忘れ、しびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭が痛む、勝手に手足や体が動いてしまう・・・、など、たくさんあります。神経内科では、まず全身を診て“どこの病気であるか”を見極めます。その上で、骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、脳や脊椎の手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものが疑われる場合には心療内科や精神科にご紹介します。また、眼科や耳鼻科にご紹介する場合もあります。

 当科では神経内科全般の診療を行っていますが、とくにパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経難病の診療では地域の基幹施設として機能しています。パーキンソン病の治療では、早期からのリハビリーテーション療法にも積極的に取り組んでいます。とくに米国でパーキンソン病に有効性が確認されているリハビリテーションプログラム(LSVTⓇBIG)を入院で行っています。 また認知症の診療にも力を入れており、もの忘れ外来を設けています。

 当科は、神経疾患とその合併症の治療、機能回復・維持のリハビリテーションに加えて、患者さんの在宅での生活や介護する家族をも視野に入れた、全人的な支援態勢つくりを目指してチーム医療を行っています。

神経内科の検査

 神経内科の検査では、神経の伝導速度や筋電図などの神経生理検査、pdfファイル神経心理検査(神経心理検査について(PDF70KB))、神経病理学的検査を自施設で行っています。とくに早期に組織診断が必要となる、多発筋炎、多発根神経炎などの免疫性神経疾患の診断に際しては、筋生検や神経生検を施設内で行い、免疫染色を含めて病理学的検索を行って迅速な診断に努めています。

神経難病のケア

 神経疾患の進行に応じて、胃ろう造設などの栄養摂取の手段の確保、気管切開や呼吸器の導入などの医療的ケアの導入やコミニュケーション手段の確保が必要となる場合があります。これらの導入にあたっては、検査などで客観的な評価を行うとともに、消化器内科や呼吸器外科、リハビリテーション(理学療法士、作業療法士、言語療法士)など、関連する診療科や部門と密に連携しています。

入院患者の状況

 パーキンソン病およびパーキンソン病関連疾患、ALS、認知症、てんかん、末梢神経障害、脊髄小脳変性症などの慢性疾患や神経難病の患者さんが多く入院しています。神経疾患の合併症の治療や、診断のための検査入院もあります。長期の入院が必要となる患者さんには、気管切開などの高度の医療的な処置が必要な方が多く、特に筋萎縮性側索硬化症などで呼吸器を装着している患者さんを対象にして、平成21年11月から“療養介護事業”を開始しました。呼吸器を装着して長期の入院を必要とする神経難病の患者さんに、医療と福祉サービスを提供して、安心して生活できることができる環境つくりに取り組んでいます。

「神経難病」について

 運動神経系、感覚神経系、認知機能、自律神経機能が、単一またはさまざまな組み合わせでもって障害され、症状は緩徐に進行性で、社会生活を営む上で必須である働きの遂行が次第に困難となる疾患(群)を総称して「神経難病」と呼んでいます。
  運動障害を来たす疾患では、筋萎縮性側索硬化症や脊髄小脳変性症、パーキンソン病が代表的です。筋萎縮性側索硬化症は、運動神経細胞が選択的に脱落するために、筋の萎縮(痩せ)を来す疾患です。一方、パーキンソン病や脊髄小脳変性症は、運動の調節に関与する大脳の基底核や小脳の神経細胞の変性により不随意運動や筋の緊張の異常を来たす結果、円滑な運動が出来なくなる疾患です。
  一方、「認知障害」の代表的な疾患であるアツハイマー型痴呆は、認知に関与する部分の神経細胞が変性するために起こります。これらの疾患は、現時点ではまだ根治的な治療がないので、症状を軽減させたり進行を遅らせる治療薬が使われます。

在宅療養支援について

 慢性進行性の神経疾患では、症状の進行とともに、さまざまな医学的な二次障害を合併するために、多方面にわたる医療の提供が欠かせません。近年、このような進行性の障害を持ちながらも、健康な人の中にまじって自由に生活することを希望して、在宅療養を選択する患者さんが増えています。
  慢性進行性の神経疾患は患者さんの生活、人生全体に大きな影響を与えます。職業を失う、経済的に自立できなくなる、日常生活に介護が必要になる、などの状況に対しては、医師や保健婦、訪問看護婦による専門的な知識や技術の提供だけでなく、介護・福祉面ではヘルパーさんなどによる日常生活に必要なマンパワーの確保、さらに年金・手当金などの経済的援助など、さまざまな制度や仕組みを上手に利用してゆくことが必要になります。当院では、 地域医療福祉連携室が中心となって、神経内科医と密に連絡をとりながら、個々の患者さんやご家族に則した在宅療養支援に取り組んでいます。

診療実績(平成26年度)

神経内科入院/外来実績
入院 外来
総入院数 入院数 レスパイト 死亡退院数 解剖数 総外来数 新患数 もの忘れ外来新患
16,351 225 44 13 0 6,569 619 82

主な新入院患者のべ数(平成26年度)

新入院患者のべ数
ALS パーキンソン病 多系統萎縮症 認知症
40 22 29 4

もの忘れ外来 (2013/14年 新患147名) 

アルツハイマー病 52
軽度認知機能障害 17
血管性認知症 16
レビー小体型認知症 10
混合型認知症 7
アルコール症 8
てんかん 3
正常 8
その他 26

活動内容

 

  1. 神経難病センターを運営し、神経難病患者の診療により重点を置いた診療体制の継続。
  2. 療養介護病床25床
  3. ・長期入院を必要とする神経難病の療養者に療養と生活の場を提供

    ・医療のみならず福祉サービスを受けることができる場を提供

  4. もの忘れ外来での認知症診療をとおして地域の家庭医との病診連携
  5. レスパイト入院の受け入れ
  6. ・医療度の高い神経難病患者を中心にレスパイト入院の受け入れ

  7. 携帯デバイスを利用した在宅と医療機関のコミュニケーションツールの運用
  8. ・モバイル電子ケアチームへの参加 神経難病患者での運用継続

  9. 内科、神経関連学会への参加、剖検症例の検討会、神経病理学会での発表
  10. NHOネットワーク共同研究への参加(ブレインリソースネットワーク、パーキンソン病)

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
大原 慎司 大原 慎司
(おおはら しんじ)
副院長
昭和55年卒
日本神経学会専門医
米国神経学会専門医
日本内科学会認定医
日本神経病理学会評議員
信州大学医学部臨床教授
神経内科一般
パーキンソン病
脊髄小脳変性症
ALS
認知症
武井 洋一 武井 洋一
(たけい よういち)
臨床研究部長
昭和63年卒
日本認知症学会
日本糖尿病学会
日本移植学会
日本内科学会認定内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医
神経内科学一般
特に末梢神経疾患
代謝性神経疾患
中村 昭則 中村 昭則
(なかむら あきのり)
神経内科部長
神経難病センター長
平成3年卒
日本神経学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
筋ジストロフィ-、ミオパチ-の診断・治療
筋委縮性側索硬化症を中心とした神経難病
小口 賢哉 小口 賢哉
(おぐち けんや)
神経内科医長
平成7年卒
日本温泉気候物理医学会
日本東洋医学会
日本内科学会認定内科専門医
日本神経学会専門医
温泉療法医、ケアマネージャー
日本医師会認定産業医
・健康スポーツ医
神経内科学一般
内科一般
宮平 鷹揚 宮平 鷹揚
(みやひら たかあき)
神経内科医師
平成24年卒

日本神経学会
日本内科学会
神経内科

外来診療体制

外来診療体制
 
午前 大原 慎司
小口 賢哉
武井 洋一
福島 加奈
大原 慎司
武井 洋一
大原 慎司
(10:30~12:30)
武井 洋一
小口 賢哉
福島 加奈
午後       もの忘れ外来
武井 洋一
 

最近6年間の当科からの論文

(太字は当院医師)

  1. Shishido-Hara Y, Higuchi K, Ohara S, Duyckaerts C, Hauw JJ, Uchihara T. Promyelocytic leukemia nuclear bodies (PML-NBs) provide a scaffold for JC virus progeny production, and are disrupted after a development of viral inclusions; the role of PML nuclear bodies in progressive multifocal leukoenc clin Neurophisiolo 2010 im pressephalopathy (PML). J Neuropathol Exp Neurol 67:299-308, 2008
  2. Yoshida K, Shimizu Y, Morita H, Okano T, Sakai H, Ohta T, Matsumoto N, Nakamura K, Tazawa K, Ohara S, Tabata K, Inoue A, Sato S, Shimojima Y, Hattori T, Ushiyama M, Ikeda S. Severity and progression rate of cerebellar ataxia in 16q-linked autosomal dominant cerebellar ataxia(16q-ADCA) in the endemic Nagano area of Japan. Cerebellum 8: 46-51, 2009
  3. 大原慎司 Diabetic hemichorea-hemiballism 内分泌・糖尿病科 29: 87-92, 2009
  4. 神経疾患最新の治療2009-2011 小林祥泰、水澤英洋 編 武井洋一、池田修一「血管炎性ニューロパチー」pp.268-270 2009年2月 南江堂 東京
  5. ちょっと本気でアンチエイジング 青木雄次編 武井洋一「脳とアンチエイジング」pp.92-95 (メデイカ出版) 2010
  6. 研修医のための神経内科診療 阿部康二編 武井洋一,池田修一 「筋生検と神経生検」pp.43-49 新興医学出版社 (2010/02 出版)東京
  7. EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 改訂第3版 田村 晃、松谷雅生、清水輝夫編  武井洋一、池田修一 「尿毒症性脳症」pp.491-492 武井洋一、池田修一 「糖尿病神経障害」pp.493-495メジカルビュー社 2010.6.1. 出版 東京
  8. Hayashi R, Aizawa J, Nagase H, Ohara S. Lateral inclination of the trunk and falling frequency in Parkinson’s disease patients. Electromyogr clin Neurophysiol 2010 in press
  9. 永関一裕、大原慎司、腰原啓史、小口賢哉、武井洋一 神経根障害を呈しステロ イド治療が奏効した慢性NK細胞増多症の一例  神経内科 2011 印刷中
  10. Hayashi R, Aizawa J, Nagase H, Ohara S. Lateral inclination of the trunk and falling frequency in Parkinson’s disease patients. Electromyogr Clin Neurophysiol 50: 195-202, 2010
  11. Itoi K,Sugimoto N, Suzuki S, Sawada K, Das G, Uchida K, Fuse T, Ohara S, Kobayashi K Targeting of locus coeruleus noradrenergic neurons expressing human interleukin-2 receptor α-subunit in transgenic mice by a recombinant immunotoxin anti-Tac(Fv)-PE38: a study for exploring noradrenergic influence upon anxiety-like and depression-like behaviors. J Neuroscience 2011 31(16):6132-6139
  12. Kaneko K, Hineno A, Yoshida K, Ohara S, Morita H, Ikeda S.  Extensive brain pathology in a patient with aceruloplasminemia with a prolonged duration of illness. Hum Pathol. 2012;43(3):451-6.
  13. Hayashi R, Hayashi T, Ohara S. Postural control while sitting and its association with risk of falls in patients with Parkinson’s disease. Diagnosis and rehabilitation of Parkinson’s disease. In Duchanova J eds. 2011 Chapter 12. pp 240-254.
  14. Nakamura A, Hineno A, Yoshida K, Sekijima Y. Hanaoka N, Takei Y, OharaS. Ikeda S.  Marked intrafamilial phenotypic variation in a family with SOD1 C111Y mutation. Amyotr Lat Scler 2012 ;13:479-86.
  15. Takei Y, Oguchi K, Koshihara H, Hineno A, Nakamura A, Ohara S. α-synuclein co-aggregation in familial amyotrophic lateral sclerosis with SOD1 gene mutation. Hum Pathol 44: 1171-1176, 2013
  16. 松尾浩一郎、河瀬総一朗、脇本仁奈、望月千穂、武井洋一、大原慎司、小笠原 正 頸部回旋法により食道入口部の開大を認めた眼咽頭遠位型ミオパチーの1 症例 頸部回旋法の新たな適用についての一考察― 日摂食嚥下リハ会誌 15巻1号 55-63 2011
  17. 大原慎司、武井洋一、腰原啓史、小口賢哉、植竹日奈 神経難病の在宅療養における介護体制と介護者の負担感―長野県中信地域での介護者へのアンケート調査からー 難病と在宅ケア  19(6): 62-65, 2013
  18. Keiichi Itoi, Shinji Ohara, Kazuto Kobayashi  Selective Ablation of Dopamine -Hydroxylase Neurons in the Brain by Immunotoxin-Mediated Neuronal Targeting: New Insights into Brain Catecholaminergic Circuitry and Catecholamine-Related Diseases. Adv Pharmacol In Lee E. Eiden, editor: Vol. 68, Burlington: Academic Press, 2013, pp. 155-166.
  19. Matsushima A, Yoshida T, Yoshida K, Toyoshima Y, Kakita A, Ohara S, Ikeda S. Superficial siderosis associated with aceruloplasminemia. Case report. J Neurol Sci. 339: 231-234, 2014
  20. Koshihara H, Oguchi K, Takei Y, Kitazawa K, Higuchi K, Ohara S. Meninegeal inflammation and demyelination in a patient clinically diagnosed with acute disseminated encephalomyelitis. J Neurol Sci 2014: 346: 323-327.
  21. Kawakami T, Sakai K, Mimura Y, Senoo Y, Hirabayashi Y, Nakazawa H, Koshihara H, Oguchi K, Takei Y, Ohara S, Watanabe N, Nakazawa K, Oyanagi K, Kitano K. Development of primary central nervous system lymphoma associated with human immunodeficiency virus and JC virus infection. J Clin Exp Hematop. 2014;54(3):211-7
  22. Ohara S. Diabetic hemichorea-hemiballism. A review. Austin J Clinical Neurol. 2(5):1037, 2015
  23. Ohara S, HayashiR, Kayanuma K, Kuwabara H, Aizawa K, Koshihara K, Oguchi K. Takei Y, Tachibana N. Prevalence of pain and depression and their coexistence in patients with early stage of Parkinson's disease. Neurology Asia in press