整形外科

整形外科とは?

 整形外科では、多くの皆さんが経験したことのある腰痛、肩こり、神経痛、関節痛など、そして骨折、捻挫、打撲、等の治療をしております。

 整形外科の治療では骨、関節に起こった変形や骨折、また腱、靭帯、神経などの軟部組織に起こった損傷を単に治すだけでなく、それによって失われた運動機能を元に回復させることを目的としています。つまり、近年よくいわれますqualiy of life(QOL:生活の質)の向上を目指して治療を行っております。外科とはいうもののすべての病気に対して手術が必要となるわけではなく、むしろ薬物療法やリハビリテーションなどによる保存的治療が基本となります。これらの治療が効果的でない場合に手術的治療が必要となってきます。
 また、近年の高齢化社会に伴って、骨折、骨粗鬆症や四肢の関節症(変形)などが増えてきておりますが、いくつになってもよりよい日常生活を送っていただけるように心掛けて治療しております。

当院の整形外科診療の特徴

 当科では、これら整形外科疾患のなかでも上肢、下肢の関節疾患を中心とした診療体制をとってきており主な外科的治療として人工関節置換術、肩関節形成術、上肢の末梢神経障害などを行っています。
  また、リウマチ疾患、骨粗鬆症、スポーツ整形外科などの分野にも力を入れており、3人の整形外科専門医(うち2人は整形外科専門医)が患者さんと十分に話し合った上で、治療方針を決定しております。頚椎、腰椎などの脊椎疾患については、保存的治療を十分に行ったうえで、手術的治療の適応や希望がある患者さんについては、近隣の脊椎疾患を専門とされている先生方と連携して治療を行っております。MRI、CT、骨シンチグラム、骨塩定量などの検査機器も設備されており、高度な医療が提供できるような体制を整えております。
 市街地から離れた立地条件のためか、骨折などの外傷の患者さんが少ない傾向がありますが、近隣の患者さんの外傷治療も受け入れる体制を整えております。
 また、 身体障害者の方のための更生医療適用施設に認定されており、入院費など費用の面でも患者さんの負担が軽減されるようにサポートしております。

診療実績(平成26年度)

1日平均入院患者数:23.9人

1日平均外来患者数:69.8人

平均在院日数:25日

主な整形外科手術件数

  平成26年度
手術件数 229
人工股関節置換術 28
人工膝関節置換術 27
肩腱板断裂手術 12
手根管開放および尺骨神経移行術 16
腫瘍切除 14
主な手術術式件数
  主要入院疾患
1) 変形性膝関節症
2) 変形性股関節症
3) 肩腱板断裂
4) 肘部管症候群
5) 手根管症候群
6) 大腿骨頚部骨折
7) 脊椎圧迫骨折

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
若林 真司 若林 真司
(わかばやし しんじ)
整形外科部長
平成5年卒
日本整形外科学会専門医
日本人工関節学会
日本リウマチ学会
整形外科一般
下肢の外科
小林 博一 小林 博一
(こばやし ひろかず)
整形外科医師
リハビリテーション科医長
平成5年卒
日本整形外科学会専門医
日体協スポーツドクター
日本肩関節学会
日本肘関節学会
日本手の外科学会
肩関節
肘関節
手関節
スポーツ障害
外傷一般 等
礒部 研一 礒部 研一
(いそべ けんいち)
整形外科医長
平成7年卒
日本整形外科学会専門医
日本整形外科認定リウマチ医
日本整形外科認定スポーツ医
整形外科一般
骨軟部腫瘍外科

診療体制

外来診療体制
 
午前 若林 真司
小林 博一
信大医師
小林 博一
(再診予約のみ)
若林 真司
礒部 研一
信大医師
若林 真司
(第2,4週)
礒部 研一
(第1,3,5週)
信大医師
小林 博一
礒部 研一

午後 若林 真司
小林 博一
(予約のみ)
       

整形外科関連サイト