呼吸器外科

 呼吸器外科では肺、縦隔、胸壁疾患の外科治療を行っています。当院では2人の呼吸器外科医が呼吸器内科医、放射線治療医と協力して、チーム医療を基本とし診療を行っています。全国学会で呼吸器外科基幹施設として認定されている長野県の3医療機関(他は信州大学附属病院と長野市民病院)の内の1施設で、年間約120例前後の呼吸器外科手術を行っています。信州大学医学部呼吸器外科と連携し、1名の医師は1~2年交代で当院へ派遣されてきます。気胸や肋骨骨折などへの緊急対応は、夜間や休日でも呼吸器外科専門医が対応できるように体制を整えました。当科で診療を行う主な対象疾患について、当院での治療実績を交えて紹介します。

呼吸器外科手術症例数
原発性肺癌 転移性肺腫瘍 気胸 縦隔腫瘍 膿胸 その他
1996 6 2 2 9 1 7 27
1997 35 2 16 10 5 17 85
1998 41 4 21 4 10 16 96
1999 36 4 20 2 1 22 88
2000 24 3 14 0 7 13 61
2001 35 10 23 8 6 28 110
2002 40 7 28 5 2 20 102
2003 48 12 40 3 4 19 126
2004 59 9 66 3 9 14 160
2005 45 11 60 10 3 13 142
2006 52 4 36 2 6 12 112
2007 63 9 24 1 3 5 105
2008 56 4 16 4 5 6 91
2009 60 12 31 4 2 9 118
2010 65 8 27 3 1 8 112
2011 70 4 25 3 2 11 115
2012 66 11 22 8 3 12 122
2013 58 2 20 12 3 16 111
2014 44 6 24 8 2 14 98
2015 67 16 23 8 3 9 126

原発性肺がん

 すでに皆さんもご存知の様に、肺がんは日本人のがんによる死亡原因の1位を占めています。そのため、肺がんと聞くと予後が悪く助からないがんであるとの認識の方も多いかと想像します。予後が悪い第1の原因は、ほとんどの場合かなり進行しないと症状が発現しないことです。

部位別がん死亡数

部位別がん死亡数 全国(平成26年統計)
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 肺(52,505人) 大腸 肝臓 膵臓
女性 大腸 肺(20,891人) 膵臓
男女計 肺(73,396人) 大腸(48,485人) 胃(47,903人) 膵臓(31,716人) 肝臓
部位別75才未満がん部位別年齢調整死亡率 長野県(平成26年統計、人口10万対)
  1位 2位 3位 4位 5位
男性 肺(16.8) 大腸(11.4) 胃(9.3) 膵臓(8.5) 肝臓(7.0)
女性 乳(9.1) 大腸(7.3) 胃(6.3) 膵臓(6.1) 肺(5.5)
男女計 肺(11.0) 大腸(9.3) 胃(7.7) 膵臓(7.2) 肝臓(4.4)

 しかし、近年胸部CT検診が長野県各地で導入され、早い段階で発見される症例も多く認められます。それらの患者さんは外科治療により多くの方が治っています。少なくとも年一回の胸部レントゲンあるいは胸部CTの検診の受診をお勧めします(参考資料#1)

肺がん手術症例のがん発見動機(2001~2015年手術例827例)

症状 症例数  
111例 13.0%
716例 87.0%
有 : 血痰、発熱、咳等症状にて医療機関を受診
無 : 検診等の胸部レントゲン、CTらの画像検査で発見

 現在、肺がんに対する治療で唯一治癒が望める治療は外科治療です。当院では手術適応のある患者さんに対しては、積極的な外科治療を実践しています

肺がん手術症例 性別(1996~2015年手術例 948例)

性別 症例数  
男性 567例 59.8%
女性 381例 40.2%

肺がん手術症例 年齢(1996~2015年手術例 948例)
(最年少21歳~最高齢88歳)

年齢 症例数  
20~29 1例 0.1%
30~39 5例 0.5%
40~49 35例 3.7%
50~59 130例 13.7%
60~69 283例 29.9%
70~79 383例 40.4%
80~ 111例 11.7%

肺がん手術症例 組織型(1996~2015年手術例 948例)

組織型 症例数  
腺がん 645例 68.0%
扁平上皮がん 218例 23.0%
大細胞がん 30例 3.2%
小細胞がん 18例 1.9%
腺扁平上皮がん 18例 1.9%
その他 17例 1.8%

 近年、肺がんに対する外科治療でも患者さんの体の負担を少なくするため、鏡視下手術が取り入られるようになってきました。当院では2011年より胸腔鏡手術のエキスパートが揃い、ハイビジョンカメラシステムを導入できたことから、本格的に肺癌に対する胸腔鏡手術を開始しました。また、小さな肺がんを安全に切除するため、全国に先駆けて術中超音波診断装置を用いて肺部分切除や区域切除などの外科治療を行っています(参考資料#2)

肺がん年次別術式内訳 ( )内は胸腔鏡手術数

部分切除 区域切除 葉切除 肺全摘除
2009 8(2) 4(0) 42(0) 2(0)
2010 3(3) 8(0) 51(0) 0(0)
2011 9(8) 9(6) 52(18) 0(0)
2012 12(12) 4(2) 46(33) 1(0)
2013 13(12) 7(6) 38(28) 0(0)
2014 8(7) 9(9) 27(21) 0(0)
2015 7(7) 13(13) 44(38) 0(0)

 一方、肺がん術後補助療法として、また術後再発症例に対する治療として、積極的な全身化学療法(抗がん剤治療)も行っています。近年新しい抗がん剤や分子標的薬(がん細胞に特有に認められる特定の分子を狙い撃ちにした薬)がいくつか出てきており、肺がん術後に再発・転移を起こされた場合でも、適切な化学療法を継続することにより、病状を長期間コントロール出来る方もいらっしゃいます。特に分子標的薬は、肺がんの遺伝子レベルの異常の種類により、薬の効く方と効かない方がいらっしゃいますから、治療前にはがん組織の遺伝子異常を調べさせていただいております。ところで、2015年12月より再発肺がん・進行肺がんに対して、免疫療法の一種である抗PD-1抗体(ニボルマブ)が認可されました。これは、がん細胞がかけている免疫のブレーキを解除し、免疫力を高めてがんを攻撃するという新しいメカニズムの薬で、肺がん治療にも新しい道が開けました。当院でもこの薬を導入し、適切な患者さんへ使用しています。一方、不幸にして病気の進行で全身状態が悪化し積極的な治療が困難となった患者さんに対しては、疼痛対策をはじめとした十分な緩和医療を提供できるよう努力しています。

肺がん術後成績資料

当科で施行している肺がんに対する化学療法

肺がん術後の補助化学療法
  1. 1. テガフール・ウラシル配合薬 (UFT) 内服(概ね術後2年間)
  2. 2. カルボプラチン+パクリタキセル又はドセタキセル点滴静注
肺がん術後再発例に対する化学療法
  1. ゲフィチニブ内服
  2. エルロチニブ内服
  3. アファチニブ内服
  4. テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 (S-1)内服
  5. クリゾチニブ内服
  6. アレクチニブ内服
  7. カルボプラチン+ペメトレキセド点滴静注
  8. カルボプラチン+ペメトレキセド+ベバシズマブ点滴静注
  9. ネダプラチン+ペメトレキセド点滴静注
  10. カルボプラチン+パクリタキセル又はドセタキセル+ベマシズマブ点滴静注
  11. カルボプラチン+ゲムシタビン点滴静注
  12. ドセタキセル+ゲムシタビン点滴静注
  13. カルボプラチン+イリノテカン点滴静注
  14. その他
肺がん術後再発例に対する免疫療法
  1. ニボルマブ点滴静注

また、当センターでは、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会主催の、第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査に協力しています。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。

転移性肺腫瘍

 肺以外のさまざまな臓器の悪性腫瘍(がん、肉腫)が肺に転移を来した病態です。原発部位の治療がすでに終わっていて、肺の病変を完全に切除可能な場合は積極的な外科治療を行っています。当院では現在まで20種類の悪性腫瘍の肺転移例の手術を経験しています。症例数を見ると、大腸、直腸がんの肺転移例の手術が圧倒的に多く、以下乳がん、腎細胞がん、胃がんの順です。手術後は、再度紹介医に戻っていただきます。多くの場合はそれぞれのがんに効果のある抗癌剤らによる追加の化学療法が必要です。当院では転移性肺腫瘍に対しても積極的に胸腔鏡手術を行っています(参考資料#3)

転移性肺腫瘍手術例の原発部位(1996~2015年手術例 140例)

原発 症例数
大腸(結腸・直腸)がん 71
乳がん 10
腎細胞がん 8
胃がん 6
子宮肉腫 3
膵臓がん 2
骨肉腫 2
肝細胞がん 2
子宮体がん 4
軟部肉腫 3
その他 29

気胸

 気胸とは肺の表面に穴が開き肺内の空気が胸腔内に漏れて肺が縮んでしまう病態です。症状としては呼吸困難や胸痛が出現します。気胸の中には、若年者(10代から30代の男性に多い)に発症する原発性気胸(狭義の自然気胸)と肺気腫、結核等の肺疾患のある高齢者に発症する続発性気胸があります。

原発性気胸

 原因はブラおよびブレブと呼ばれる表面が薄くなった風船状の病変(気腫性嚢胞)が自然に破裂することで発症します。ほとんどの症例は胸腔鏡下に小さい創で自動縫合器を使っての肺部分切除、あるいは縫縮する治療で治ります。以前は、初回発症時は胸腔内に管を挿入して吸引し手術を施行せず保存的に治療し、再発した場合は手術の方針というのが一般的でしたが、現在はCTで明らかな病変が認められた場合は初回発症でも多くの場合、手術をお勧めしています。ほとんどの症例では術後3~5日程度で退院が可能です。気腫性嚢胞の再発現や気腫性嚢胞が多数存在している症例では術後の再発も起こり、術後の再発率は5~10%と言われています。再手術の術式は当院では、ほとんどの症例で、肺の切除は行わず、胸腔鏡下に病変部を縫合する方法をとっています。また、微小なブラに対しては、低温で焼灼し、吸収性のシートで肺表面を被覆するという方法もとっています。

40歳未満自然気胸手術例(1996年~2015年)

  症例数
初回手術症例数 217例(男性185例、女性32例)
手術件数 245例(両側症例12例)
術後再発症例数  30例(術後再発率:12.2%)
再手術件数  45例(他院初回手術例16例を含む)

続発性気胸

 肺気腫や肺結核らの肺疾患に続発する気胸は高齢者がほとんどで、肺全体に及ぶ病変を認め、さらに元々の肺疾患のため呼吸機能が低下しております。そのため、はじめは胸腔内に管を挿入し保存的治療を行います。しかし、保存的治療で軽快しない症例や再発症例に対しては可能であれば外科治療を行います。全身状態や呼吸機能が悪く、全身麻酔が困難な方に対しては、胸腔内に薬剤等を注入する胸膜癒着術を行います。

急性膿胸

 肺の炎症(肺炎)が肺表面の胸膜に達して肺外の胸腔内に波及し、胸腔内に胸水(感染性の胸水で膿状の事もあり)が貯まった病態です。胸腔内に管を挿入し、抗生物質の投与を行っても胸の中の水が減少しない場合、あるいは炎症所見の軽快が認められない場合は、胸の中をきれいにする外科治療(胸腔内掻爬、胸膜剥皮術)が必要です。

縦隔腫瘍

 心臓、血管、気管および食道の周囲の胸部に発生した腫瘍を縦隔腫瘍と言います。良性腫瘍もあり、増大するかどうか経過を見ることもありますが、外科治療が必要な腫瘍も多くあります。もっとも頻度が高い腫瘍は胸骨と心臓の間に発生する胸腺腫です。ほとんどの場合は手術適応で、進行すると術後に放射線照射が必要です。近年、縦隔腫瘍に対する外科治療でも患者さんの体の負担を少なくするため、鏡視下手術が取り入られるようになってきました。当院では早期の胸腺腫や神経原性腫瘍などに対して積極的に胸腔鏡手術を行っています(参考資料#4)

その他

 肺過誤腫、硬化性血管腫らの肺良性腫瘍、肺分画症、肺動静脈瘻らの先天性肺疾患、胸膜中皮腫らの胸膜疾患、胸壁腫瘍などが呼吸器外科対象疾患です。

肺癌登録合同委員会

第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査

 原発性肺癌は本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。原発性肺癌の治療には外科治療、抗癌化学療法、分子標的療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績の更なる向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応や術式の妥当性が検討される必要があります。

  日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会は、日本の肺癌診療の診療成績を把握するため、定期的に全国の施設に協力を求めて、大規模データベースを構築してきました。肺癌登録合同委員会は、今回、第7次事業として2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録を開始することになりました。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。また当事業の症例データベースは世界肺癌学会の国際データベース事業とも共同して、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいは The Union for International Cancer Control、略してUICC)による TNM分類の改定にも貢献する予定です。

 当院は、2010年に付属病院で肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。

 個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。

 ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。

 ご協力よろしくお願いいたします。

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
近藤 竜一 近藤 竜一
(こんどう りょういち)
外科系診療部長
平成5年卒
日本外科学会専門医・指導医
呼吸器外科専門医・評議員
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床外科学会評議員
日本呼吸器外科学会胸腔鏡地域インストラクター
肺がんCT検診認定医
信州大学医学部臨床准教授、非常勤講師など
呼吸器外科全般
松岡 峻一郎 松岡 峻一郎
(まつおか しゅんいちろう)
呼吸器外科医師
平成23年卒
日本呼吸器外科学会
日本外科学会
日本肺癌学会
日本内視鏡外科学会
呼吸器外科

診療体制

外来

新患: (月) 9:00-11:30
  (火)、(木)9:00-15:00
再診: (火)、(木)9:00-16:00(予約制)
外来診療体制
 
午前 近藤 竜一 近藤 竜一   近藤 竜一  
午後   -   近藤 竜一
(予約のみ)
  近藤 竜一
(予約のみ)
 

参考文献

(太字は当院医師)

#1

  1. Kondo R, Yoshida K, Kawakami S, Shiina T, Kurai M, Takasuna K, Yamamoto H, Koizumi T, Honda T, Kubo K.. Different efficacy of CT screening for lung cancer according to histological type: Analysis of Japanese-smoker cases detected using a low-dose CT screen. Lung Cancer. Vol 74, No 3, 433-440. 2011.
  2. Kondo R, Yoshida K, Kawakami S, Shiina T, Kurai M, Takasuna K, Yamamoto H, Koizumi T, Honda T, Kubo K.. Efficacy of CT screening for lung cancer in never-smokers: Analysis of Japanese cases detected using a low-dose CT screen. Lung Cancer. Vol 74, No 3, 426-432, 2011.
  3. Sone S, Nakayama T, Honda T, Tsushima K, Li F, Haniuda M, Takahashi Y, Hanaoka T, Takayama F, Koizumi T, Kubo K, Yamanda T, Kondo R, Fushimi H, Suzuki T. CT findings of early-stage small cell lung cancer in a low-dose CT screening programme. Lung Cancer Vol 56, p207-215, 2007.
  4. Sone S, Nakayama T, Honda T, Tsushima K, Li F, Haniuda M, Takahashi Y, Suzuki T, Yamanda T, Kondo R , Hanaoka T, Takayama F, Kubo K, Fushimi H. Long-term follow-up study of a population-based 1996-1998 mass screening programme for lung cancer using mobile low-dose spiral computed tomography. Lung Cancer Vol 58, p329-341, 2007.
  5. Sone S, Matsumoto T, Honda T, Tsushima K, Takayama F, Hanaoka T, Kondo R , Haniuda M. HRCT features of small peripheral lung carcinomas detected in a low-dose CT screening program. Academic Radiology Vol 17, No.1, p75-83, 2010.
  6. Sone S, Tsushima K, Yoshida K, Hamanaka K, Hanaoka T, Kondo R, . Pulmonary nodules: Preliminary experience with semiautomated volumetric evaluation by CT stratum. Acad Radiol. Vol 17, No 7, p900-911, 2010.
  7. Sone S, Hanaoka T, Ogata H, Takayama F, Watanabe T, Haniuda M, Kaneko K, Kondo R , Yoshida K, Honda T. Small peripheral lung carcinomas with five-year post-surgical follow-up: assessment by semi-automated volumetric measurement of tumour size, CT value and growth rate on TSCT. Eur Radiol. Vol 22, No 1, p104-119, 2012.

#2

  1. Kondo R , Yoshida K, Hamanaka K, Hashizume M, Ushiyama T, Hyogotani A, Kurai M, Kawakami S, Fukushima M, Amano J. Intraoperative ultrasonographic localization of pulmonary ground glass-opacities. J Thorac Cardiovasc Surg Vol 138, No.4, p837-842, 2009.

#3

  1. 近藤竜一、兵庫谷章、濱中一敏、藏井 誠、吉田和夫、天野純:転移性肺腫瘍手術例の検討. 日臨外会誌 第67巻 第11号 第2533頁~第2538頁. 2006.
  2. Kondo R, Hamanaka K, Kawakami S, Eguchi T, Saito G, Hyougotani A, Shiina T,Kurai M,Yoshida K.. Benefits of video-assisted thoracic surgery for repeated pulmonary metastasectomy. Gen Thorac Cardiovasc Surg. Vol 58, No.10, p516-523, 2010.

#4

  1. 藏井 誠、山田響子、近藤竜一:前縦隔腫瘍に対する胸腔鏡下手術の工夫―前胸部皮下吊り上げによる胸骨挙上法―. 胸部外科 第65巻 第11号 第973頁~第977頁. 2012.