平成28年度 独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター
中信松本病院
病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数    1167     168      17      24      28      29     165     245     198      49
・平成28年4月1日から平成29年3月31日までに退院した患者様を集計対象としています。
・入院時の年齢で集計し、10歳刻みの年齢階級別集計をしています。

解説
○当院では小児からご高齢の方まで、幅広い診療を行っています。0歳代の患者様が最も多く、全体の5割以上を占めています。これは松本広域の小児の基幹病院として役割を担っているからです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置2なし     248     4.65 5.50   2.41%     4.24
0400801199x00x 肺炎等 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし     184     6.26 5.79   2.17%     4.71
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし     161     5.61 6.02   1.24%     2.03
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし      91     6.85 6.42   4.40%     3.40
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし      80     5.25 6.09   1.25%     2.83
小児科では小児二次救急診療に対応しているため、ウイルス性腸炎、肺炎などの救急発症の症例が主になります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし      55    33.62 23.61   34.5%    82.85
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む)その他の手術あり      25     2.00 10.14        -    70.28
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等      22    36.91 24.24        -    69.90
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)人工関節再置換術等      16    35.88 26.26        -    78.13
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む)その他の手術あり      15     2.00 8.70        -    77.86
○整形外科では、骨粗鬆症による胸椎・腰椎などの圧迫骨折をきたし入院される方が多く、入院時の平均年齢が82歳と高齢になっております。リハビリテーションなどの保存的治療を行っています。
○下肢の関節疾患(変形)に対して、人工関節に置き換える手術を行っております。1泊2日で自己採血貯血を行い、そのあと手術のために入院します。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし      52    13.54 12.73   1.92%    71.34
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等  手術・処置等2なし 副傷病なし      16     7.94 10.09        -    38.18
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし      12    12.58 14.83        -    75.00
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし        -        - 12.35        -        -
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-6あり        -        - 19.34        -        -
○呼吸器外科では、肺の悪性腫瘍治療の患者様が最も多くなっています。治療は主に手術による腫瘍切除です。傷口が小さく、手術後の回復の早い、胸腔鏡手術を行っています。(腫瘍の大きさによっては開胸手術になる場合もあります。)
○次いで、自然気胸に対する手術を実施しています。気胸は比較的若年層に発症する疾患のため平均年齢が若いです。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし      44    25.89 12.35   2.27%    71.59
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし      30    29.60 19.92   6.67%    76.26
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし      14    22.07 14.83   14.3%    75.00
0400801499x001 肺炎等 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア1      12    17.50 13.60        -    83.00
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-6あり      10    18.40 19.34        -    77.20
○呼吸器内科では、肺の悪性腫瘍における化学療法目的の入院が最も多くなっています。化学療法については分子標的薬など、最新治療も行っています。
○次いで間質性肺炎の症例が多くなっています。間質性肺炎は治癒することがない疾患で、感染などにより悪化し入院されることがあります。主にステロイド薬で治療し、徐々に薬剤を減らすため入院が長期に及ぶ場合もあります。また生活の質の向上のため、在宅酸素療法導入教育を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌  - -   - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 41 - 24 52 - 69 1 7
肝癌   - - - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・罹患率の高い5つの癌の人数を(初発はステージごと)集計したものです。ステージはUICC病期分類に準拠しています。
・平成28年度中に退院した延べ患者数となっています。延べ患者数のため、1人の方が複数回入院されてもその回数分カウントされています。
・10症例に満たない症例はー(ハイフン)で表記しています。

○UICC病期分類とは・・・
国際対かん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各がんをⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)のステージに分類するものです。ステージは数字が大きいほど「進行している癌」となります。

○手術療法、化学療法、放射線療法など幅広い治療を行っています。また積極的な治療だけではなく、患者様の苦痛を和らげる緩和ケアなど行い、生活の質を大切にする医療を提供しています。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 11.47 82.00
中等症 49 15.33 76.46
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
・集計期間中に退院した、20歳以上の患者様を対象にしています。10症例に満たないものは、-(ハイフン)で表記しています。
・市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎のことを指します。
・重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システム(A‐DROP)に基づき分類
 しています。これは、年齢、血中尿素窒素、動脈血酸素飽和度、意識障害、血圧の5つの項目に対し、
 それぞれの基準値に該当する項目数の合算により評価をするものです。重症度が0は軽症、1~2は中等度、
 3は重症、4~5は超重症となります。5つの項目のうち、1つでも不明の評価があると、重症度は不明と
 なります。

○中等症の方が全体の7割を占めます。軽症の方と比較すると、入院期間が延びる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - - - -
・10症例に満たないものはー(ハイフン)で表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821  人工関節置換術(肩、股、膝)      39       1      36          -  -    73.26
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿)      28       4      38   50.0%    83.11
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股)      18       5      42   16.7%    82.17
K093 手根管開放手術      12       0       1        -    74.75
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿)      10       3      16   10.0%    56.20
○関節症疾患(変形)に対する人工関節置換術を行っています。人工の関節に置き換えることで機能回復を図っています。
○次いで大腿骨骨折などによる、観血的手術の件数が多くなっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)      24     1.88      10   4.17%    71.79
K5131 胸腔鏡下肺切除(肺嚢胞手術(楔状部分切除)      20      3.2       5    5.0%    43.30
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)      12       2      11        -    70.33
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)      10      1.8       8        -    74.30
K5145 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(隣接臓器合併切除を伴う肺切除)        -        -        -        -        -
○呼吸器外科で多い手術は、胸腔鏡下による肺の悪性腫瘍手術です。開胸に比べ傷口が小さく、手術後の回復の早い術式です。
○次いで胸腔鏡下肺切除術です。気胸(突然肺に穴が開いて空気が胸腔(きょうくう)に漏れる疾患)に対して行われます。
胸腔ドレナージ(空気を外に出す治療)で改善が見られない場合や、再発の場合に手術が行われます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
・10症例未満の症例についてはー(ハイフン)で表記しています。
更新履歴