放射線科

 

 放射線科では、人体を様々な方法で撮影することにより、診断に有用となる情報を画像や客観的な数値で表されるデータとして提示する検査を行っております。

 当院では一般装置、CT装置、MRI装置、X線TV装置、骨密度検査装置、放射線治療装置、RI装置など、様々な装置を用いて全身のあらゆる部分の撮影を行っております。

スタッフ

放射線技師 6名、助手 1名 計 7名

検査日

検査日
 
一般撮影
X線TV 午後 午後 午後 午後 午後
C   T
M R I
R   I ×
放射線治療

◎:一日検査実施

※ 予約制の検査については、各診療科でおたずねください

一般撮影

一般撮影は短時間に撮影ができますので、画像診断においては第一選択とされることが多く、胸部撮影(肺野、縦隔などの診断)、腹部撮影(腹部臓器、ガス像などの診断)、骨・関節の撮影(関節の状態、骨折などの診断)に用いられます。

当院ではデジタルX線撮影システム(CR)を導入しています。

CRは、X線の透過像を直接フィルムに写すのではなく、イメージプレート(IP)という媒体に一時記録してコンピュータにて処理を行なった後フィルムを作成しています。

画像をデジタル情報とすることで、撮影後に画像の明るさや濃度を調整することができ、診断に適した画像情報を提供することが比較的容易となりました。

一般撮影 一般撮影
一般撮影査
一般撮影

骨 密度検査

この検査は、人体の骨に含まれているカルシウムなどのミネラル分の量を、X線を使って測定します。

骨のミネラルは20代から30代で最も多く、年齢とともに減少します。また、特に女性は閉経によるホルモンバランスの変化によって、作られる骨の量が減少してしまうため、骨粗しょう症になり易くなります。

この装置では骨のミネラル量を測定することにより骨粗しょう症の早期発見、早期治療を可能にします。

骨密度測定装置 骨密度測定装置
測定結果査
測定結果
測定結果(年代別平均値との比較)
測定結果(年代別平均値との比較)

CT検査


当院のCT装置は16列マルチスライスCT装置(GE社製)が稼動しています。

近年のCT装置の多列化により、1回の息止めで全身の撮影することも可能となり、短時間に高精細な画像を取得できます。

また、詳細な断層を重ねて表示することで、広範囲の3次元画像を作成することも可能です。

GE  Lightspeed 16
GE  Lightspeed 16
 新しいウィンドウで動画「正面から見た肺の再構成画面」を開く
正面から見た肺の再構成画面
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「胸部~下肢骨3D画像」を開く
胸部~下肢骨3D画像
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「腹部血管3D画像」を開く
腹部血管3D画像
クリックで動画表示

MRI検査

MRI検査は、人体を構成する物質の中で最も多く存在する水素原子を信号源として画像化する検査です。

簡単な原理としては、強力な磁石に入り、体にラジオの電波をあてます。すると、体の中の水素原子から信号が発生します。これをMR信号といいます。このMR信号をコンピュータで処理することによって画像にします。

放射線は使いませんので、被ばくの心配はまったくありません。

Siemens Symphony ATim
Siemens Symphony ATim
新しいウィンドウで動画「頭部矢状断画像」を開く
頭部矢状断画像
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「頭部MRA画像」を開く
頭部MRA画像
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「頭部MRA画像」を開像
頭部MRA画像
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「心臓4腔CINE画像」を開く
心臓4腔CINE画像
クリックで動画表示
新しいウィンドウで動画「心臓短軸CINE画像」を開く
心臓短軸CINE画像
クリックで動画表示

ただし、以下の項目に該当する方は検査を受けることができません

  1. 心臓にペースメーカーを装着している方
  2. MRIに対応していない生体内クリップ(脳動脈クリップなど)がある方
  3. その他、MRIに対応していない金属が体内に埋め込まれている方

また、以下の項目に該当する方は検査が行えない可能性があります

  1. 極度の閉所恐怖症の方
  2. 刺青や眉墨をいれている方
  3. 大きな音が極端に苦手な方

診察時、および検査の直前に問診を行いますので、心配なことやわからない事がありましたら 遠慮なくスタッフにご相談ください。

X線TV

連続したX線の照射によって、リアルタイムに画像を映し出し撮影する検査です。

気管支鏡検査における内視鏡の位置確認や骨折により転移した骨の整復など、様々な検査に用いられます。

当院の装置は多目的装置も採用しており、多種の検査に対応しております。

X線TV装置
X線TV装置
多目的X線TV装置
多目的X線TV装置
肩関節造影検査
肩関節造影検査
手関節の整復
手関節の整復

RI検査

RIはRadio Isotope(ラジオアイソトープ)の略で 日本語では放射性同位元素と言います。

RI検査は、注射などによりRIを体内にいれ、 RIから発生する放射線を体の外で受け止めて 画像化したり、組織の代謝や機能の測定を行う検査です。

使われるRIの量はごくわずかで、短時間のうちに放射線を発生させる能力が弱くなり、体内 には残りませんので非常に安全な検査です。

RI検査装置
RI検査装置
骨シンチグラフィ
骨シンチグラフィ
脳血流シンチグラフィ
脳血流シンチグラフィ
骨シンチグラフィ(拡大)
骨シンチグラフィ(拡大)

放射線治療

腫瘍組織の抑制、組織機能の正常科を目的に放射線を体内の目的部位に照射し、治療を行う装置です。

一般撮影等に用いられる放射線と比べて高エネルギー、高線量の放射線を用い、主に細胞のDNAに障害 を与えることで治療を行います。

また、治療を行うための準備として、

  1. CTの画像等を用いた高精度の治療計画
  2. 多項目にわたる治療装置の精度管理を定期的に実施
  3. 複数の放射線技師による装置設定等の確認を徹底することでエラーを防止

など、安全で正確な放射線治療の実施に努めています。

放射線治療装置
放射線治療装置
治療計画装置
治療計画装置
治療計画装置(XiO)
治療計画装置(XiO)
治療計画(照射方向等の計算)
治療計画(照射方向等の計算)